メジャー指名のハーフ投手がドラフト最大の隠し玉に急浮上

公開日: 更新日:

「隠し玉として面白い存在ですよ」

 さる球界関係者がこう耳打ちする。その名は、ダニエル・スエジロウ・ロス(24)。2019年MLBドラフトで、パイレーツから39巡目で指名された右腕である。

 このダニエルは昨季、マイナーで13試合に登板し、2勝2敗、防御率5・79。今季はコロナ禍でマイナーリーグが中止となったことなどもあり、来季からのプロ野球入りを目指し、日本で調整に励んでいる。先日は複数球団の編成幹部クラスが投球をチェック。150キロをマークするなど、アピールしたという。

 米在住ジャーナリストが言う。

「ダニエルは196センチ、100キロ前後の大型右腕で、制球に課題はありますが、95マイル(153キロ)を計測するストレート、スライダー、スプリットが武器。神奈川・横須賀出身で、米海軍に所属する米国人の父と日本人の母のハーフ。日本で中学卒業まで暮らしていたことなどもあり、日本人選手と同様、ドラフトにかけることが可能だといいます」

 さて、どの球団が指名するのか……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ガッキー演じるみくりの妊娠&髪型は? 逃げ恥SP撮影秘話

  2. 2

    マッチ“火遊び”の代償 25歳下との不倫に中森明菜も呆れ顔

  3. 3

    田原俊彦“干され過去”と決別 不倫で失墜したマッチとの差

  4. 4

    マッチ引退窮地…事務所の後ろ盾・人望・居場所すべてナシ

  5. 5

    相棒の視聴率を抜いた「七人の秘書」懲らしめ系はなぜ人気

  6. 6

    男男男男男男男男男男男男男男の大家族についに女児誕生!

  7. 7

    玉木宏「極主夫道」が大健闘 昭和的“ベタ”コントに安心感

  8. 8

    小池氏“3大”ウソ 重症者、豊洲市場、軽症者施設で失策隠蔽

  9. 9

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  10. 10

    高部知子“ニャンニャン写真”流出の顛末 元カレは自殺した

もっと見る