中日エース大野雄大に残留情報 巨人垂涎もコロナで資金難

公開日: 更新日:

「確実にチーム力が上がっている」

 中日の関係者は手応えを口にする。10月に入って16勝6敗と大きく勝ち越し、阪神、DeNAを抜いて2位に浮上。前年5位から、8年ぶりのAクラス入りを果たすのは時間の問題だ。

 先日の球団取締役会では、3年契約2年目の与田剛監督(54)の来季続投方針が確認されたが、誰よりチームの躍進に貢献しているのは、今季10勝5敗をマークし、巨人の菅野を上回るリーグトップの10完投、6完封で防御率1・79を誇るエース左腕の大野雄大(32)である。中日OBが言う。

「選手やチーム関係者は、『大野が投げる試合は負ける気がしない』と言っている。リーグ連覇が確実な巨人に対し、10勝12敗2分けとライバル5球団で唯一、まともに渡り合った。中でも大野は巨人相手に2勝2敗ながら、防御率1・32とキラーぶりを発揮。大黒柱がしっかりとチームを支えることで、地に足のついた戦いができるようになりつつあります」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人・原監督が気の毒になってきた…と思ったが気のせいか

  2. 2

    チェンがロッテを自由契約に 巨虎楽“金満”3球団で争奪戦

  3. 3

    これが大手企業の平均給与ランキングだ!業界別に大調査

  4. 4

    阪神糸井が大減俸に 城島と“ポイ捨て”3選手の二の舞を危惧

  5. 5

    阪神はオフも大惨敗…補強第1弾が巨人から“おこぼれ”頂戴

  6. 6

    ネットで酷評…「麒麟がくる」門脇&堺“架空コンビ”の是非

  7. 7

    中居正広にプロデューサーの才 児童書バカ売れで実力証明

  8. 8

    原巨人はDeNAソトも取り逃がす 補強“3連敗”スタートの不吉

  9. 9

    コロワイド会長も30億円騙された 「M資金」詐欺とは何か?

  10. 10

    吉沢亮「青天を衝け」の不安要素…「鎌倉殿」でトバッチリ

もっと見る