松崎菊也
著者のコラム一覧
松崎菊也戯作者

53年3月9日、大分県別府市生まれ。日大芸術学部放送学科卒業後は宇野重吉らが率いる「劇団民藝」に所属。その後はコントグループ「キモサベ社中」「キャラバン」を経て、88年にコントグループ「ニュースペーパー」を結成。リーダー兼脚本家として活躍した。98、99年にはTBSラジオ「松崎菊也のいかがなものか!」でパーソナリティーを務めた。現在も風刺エッセイや一人芝居を中心に活躍中。

ヤクルトはいつまで40歳の石川雅規を祭り上げるつもりだ?

公開日: 更新日:

 岩隈久志が39歳で引退する。近鉄、楽天のエースに君臨して、メジャーではシアトルでノーヒットノーランを達成した。メジャーから戦力外を宣告された時点でサッと身を引けばよかったが、手当たり次第唾つけ永久に不潔球団に誘われて、案の定たなざらし。でもまあ、後顧の憂いはなかろう。通算170勝、お疲れさん。

 藤川球児が40歳で引退する。えらいもんやで、出生届を出した時からエースになるて決まっとったんや、球児やで、タマジちゃうで。藤川が出て来よったら阪神は勝ちや。六甲おろしがよう似合うた男やった。通算245セーブ、ホンマお疲れさん。

 五十嵐亮太が41歳で引退する。剛速球のセットアッパーとして日米計7チームを渡り歩いたイケメン投手だった。通算167ホールド、お疲れさん。

 投手はだいたい40歳が限界かなあ。どんなエースでも、じわりと第一線から退き、老兵は消え去るのみ。コーチ、監督としてプロに残るか解説者になるために日本語をイチから勉強し直すか、ほとんどは勉強をサボり、小学生程度の日本語で「出塁率7割と言いますと、10回打席に立ったら7回塁に出てることになりますねえ」などと、それのどこが解説じゃバカタレ! とせせら笑われるアホが多い。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    稀勢の里は「激励」止まりも…白鵬と鶴竜が「注意」の理由

  2. 2

    “桜疑惑”突然の捜査…安倍応援団「菅首相裏切り」への疑心

  3. 3

    原監督は思考停止か…巨人崖っぷち3連敗招いた不可解采配

  4. 4

    世界にたった100台…3.5億円“幻の名車”が一瞬にしてクズに

  5. 5

    大阪府コロナ死の8割超は重症者にあらず 衝撃の調査結果!

  6. 6

    桑子真帆フリー転身は「嘘八百」紅白と“生涯年収”が裏付け

  7. 7

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  8. 8

    男男男男男男男男男男男男男男の大家族についに女児誕生!

  9. 9

    小池知事“ひとり相撲”で泥縄の大誤算…情弱で対応周回遅れ

  10. 10

    コロナ禍の最中に…小池都知事は退職金3500万円を得ていた

もっと見る