虎2位なら矢野続投でシャンシャン? 来季も巨人に苦戦必至

公開日: 更新日:

 ライバル5球団は惨敗である。

 30日、巨人が独走でリーグ2連覇を達成した。巨人は今オフ、エースの菅野がメジャー移籍する可能性があるものの、来季も巨人の優位は変わりそうにない。

「最大のライバルであるべき阪神に上がり目がないでしょうから」と嘆くのは、阪神OBである。

ドラフトでは目玉選手の佐藤(近大)の1位指名に成功しましたが、12球団ワーストの80失策と課題の守備は、30日のDeNA戦でも失策にはならなかったものの、遊撃の木浪が平凡な併殺打を取り損ねるなど、基本の『キ』すら徹底されていない。矢野監督の場当たり的な采配も相変わらずです。その上、コロナ騒動を起こしたにも関わらず、お咎めナシで来季も続投させる方針ですからね。このまま2位で終われば格好はつくし、選手の年俸もさほど上げる必要はない。『佐藤も取れたし、とりあえず2位で終われて良かった』と、シャンシャンと手締めをして終わりでしょう。しかも、このオフ、これといった補強策が聞こえてくるわけでもない。コロナ禍で大減収になるため、藤川、福留、能見が退団するなど、人件費のカットに躍起になっていますが……」

 何より、矢野監督では巨人に勝てないことは、この2年でハッキリした。来年も、原巨人に子供のようにあしらわれるだけだ。このまま矢野監督を続投させるというなら、阪神は巨人に勝つ気がない、と言っているのと同じことではないか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人・原監督が気の毒になってきた…と思ったが気のせいか

  2. 2

    チェンがロッテを自由契約に 巨虎楽“金満”3球団で争奪戦

  3. 3

    これが大手企業の平均給与ランキングだ!業界別に大調査

  4. 4

    阪神糸井が大減俸に 城島と“ポイ捨て”3選手の二の舞を危惧

  5. 5

    阪神はオフも大惨敗…補強第1弾が巨人から“おこぼれ”頂戴

  6. 6

    ネットで酷評…「麒麟がくる」門脇&堺“架空コンビ”の是非

  7. 7

    中居正広にプロデューサーの才 児童書バカ売れで実力証明

  8. 8

    原巨人はDeNAソトも取り逃がす 補強“3連敗”スタートの不吉

  9. 9

    コロワイド会長も30億円騙された 「M資金」詐欺とは何か?

  10. 10

    吉沢亮「青天を衝け」の不安要素…「鎌倉殿」でトバッチリ

もっと見る