山田隆道
著者のコラム一覧
山田隆道作家

1976年、大阪生まれ。早大卒。「虎がにじんだ夕暮れ」などの小説を執筆する他、プロ野球ファンが高じて「粘着!プロ野球むしかえしニュース」などの野球関連本も多数上梓。各種スポーツ番組のコメンテーターとしても活躍中。

阪神・藤浪は藤川と同じくクローザーへの道を突き進むべし

公開日: 更新日:

 阪神藤浪晋太郎がリリーフに転向して、はや1カ月が過ぎた。最初は少し不安定だったものの最近ではすっかり板についてきた。現在、8試合連続無失点中である。

■とにかく球場が盛り上がる

 また、自慢の剛速球は短いイニング限定となると、リミッターが解除されたかのごとく威力を増し、160キロ台を平気で連発するどころか自己最速を更新する162キロまで記録。最近では藤浪が投げるたびに球場やテレビ画面の球速表示に注目が集まり、ひとつのショーとしてもファンを楽しませている。藤浪が登板すると、とにかく球場が盛り上がるのだ。

 こういうシーンを見ていると、藤浪の天賦のスター性をあらためて感じてしまう。試合の中盤から終盤のどこかで藤浪の名前がコールされるだけで、阪神の雰囲気が一気に前向きなものに変わるわけだから、その存在価値は極めて高い。ファンとしても、試合の勝ち負けはともかくとして、藤浪の投球を拝むことができれば一定の満足度を得られるのではないか。そういう選手は近年では藤川球児くらいのものだろう。古い言い方だが、いわゆる千両役者の資質を藤浪は備えている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マッチ“火遊び”の代償 25歳下との不倫に中森明菜も呆れ顔

  2. 2

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  3. 3

    元恋人マッチは不倫…ファンも案じる中森明菜の“現在地”

  4. 4

    巨人痛感ソフトとの差…“ヤケっぱち”補強で虎ボーアに照準

  5. 5

    巨人菅野の米移籍先はココで!メジャー通2人が勧める4球団

  6. 6

    ネットで酷評…「麒麟がくる」門脇&堺“架空コンビ”の是非

  7. 7

    近藤真彦は「裸の王様」不倫で絶たれた“還暦アイドル”の道

  8. 8

    ヤクルト山田“残留”の代償…エース流出不可避で来季も苦境

  9. 9

    石川に千賀…好投手が続々出てくるソフトBの若手育成術

  10. 10

    松坂大輔と斎藤佑樹が一軍登板ゼロでもクビにならない事情

もっと見る