松崎菊也
著者のコラム一覧
松崎菊也戯作者

53年3月9日、大分県別府市生まれ。日大芸術学部放送学科卒業後は宇野重吉らが率いる「劇団民藝」に所属。その後はコントグループ「キモサベ社中」「キャラバン」を経て、88年にコントグループ「ニュースペーパー」を結成。リーダー兼脚本家として活躍した。98、99年にはTBSラジオ「松崎菊也のいかがなものか!」でパーソナリティーを務めた。現在も風刺エッセイや一人芝居を中心に活躍中。

ロッテ澤村が証明「シャバではまだまだ人生ひと花ふた花」

公開日: 更新日:

 千葉ロッテマリーンズの主催試合、3密を避けてまばらなスタンドで、移籍して以来破竹の勢い、向かうところ敵なしの澤村拓一投手の快投を見た帰り、熱心なロッテファンのオッサン2人が球場のトイレで立ち話しているという妄想。

「いやあ、澤村も長いこと手かせ足かせでつながれて、やっと年季が明けて出てきてシャバの空気を思い切り吸い込んだ気分だろうて」

「何しろ球投げることしか知らない野球バカらしいから。悪い噂が立つとますます穴ぐらから出にくくなる、ヤケ酒の量は増える。落ちるところまで落ちて、やっとの思いで勤め上げて出る時はどうだったろうな?」

「……長いことお世話になりやした」

 アベっていう看守が、

「もう二度と戻って来るんじゃねえぞ。改心して地道にやりゃ、パ(ァ)でもきっとやり直せる」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    岡村隆史の結婚秘話「相手はあの子」NSC時代の恩師明かす

  2. 2

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  3. 3

    給付金に文句の麻生氏“10万円超”飲食73回の異常な金銭感覚

  4. 4

    岡村隆史“奇跡のV字回復”なのに 新妻をひた隠しにするワケ

  5. 5

    田澤指名漏れの衝撃…背景に米国も呆れたNPBの“島国根性”

  6. 6

    菅首相が所信表明で言い間違い連発…予算委“火だるま”必至

  7. 7

    案里被告を保釈して大丈夫なのか…過去に全裸や救急搬送も

  8. 8

    11月1日廃止されるのは大阪市ではなく民主主義ではないか

  9. 9

    田中みな実“低身長”発言が物議…153cmは女優の武器に?

  10. 10

    転落に巻き添えで女子大生死亡…遺族は補償を受けられるか

もっと見る