内川聖一がソフトB退団を決意した工藤監督の“塩漬け”姿勢

公開日: 更新日:

「一軍で1打席もチャンスをもらえず、自分の中で野球をやめる決心がつかなかった」

 今季限りでソフトバンクを退団する内川聖一(38)は先日、二軍最終戦後のファンへの挨拶で心境をこう語った。

 2011年に横浜からソフトバンクへFA移籍すると、4度のリーグ優勝、6度の日本一に貢献。昨季は一塁でゴールデン・グラブ賞を受賞し、今季も二軍では打率.327をマークするなど衰えを感じさせないが、今季は一軍出場ゼロに終わり、新天地を求めて退団を決意した。

「工藤監督は二軍からの推薦がなかったと弁明していたが……」とは、ホークスOB。

■バレの二軍降格直訴にも応じず

「内川は昨オフの契約更改の時点で、今季の結果次第で自ら身を引く覚悟があった。しかし、工藤監督は内川を二軍で塩漬けにし続け、きちんと引導を渡すことができなかった。再三の昇格チャンスがありながら、『柳田や中村の後釜が必要』などとして栗原ら若手を起用。これは世代交代の点で理解できても、夏場にはバレンティンが古傷である股関節痛に悩まされ、首脳陣に二軍降格を直訴したにもかかわらず、工藤監督はバレに『代打でもいいから、一軍に残ってほしい』と懇願したほど。是が非でも内川を一軍に呼びたくない、と感じた関係者は少なくなかった。8月下旬にバレとデスパイネが二軍降格しても一軍から声がかからず、本人もチームに居場所はないと覚悟。3年ぶりにリーグ優勝を果たし、工藤監督の来季続投が正式決定したことも退団の背中を押した」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マッチ“火遊び”の代償 25歳下との不倫に中森明菜も呆れ顔

  2. 2

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  3. 3

    元恋人マッチは不倫…ファンも案じる中森明菜の“現在地”

  4. 4

    巨人痛感ソフトとの差…“ヤケっぱち”補強で虎ボーアに照準

  5. 5

    巨人菅野の米移籍先はココで!メジャー通2人が勧める4球団

  6. 6

    近藤真彦は「裸の王様」不倫で絶たれた“還暦アイドル”の道

  7. 7

    ネットで酷評…「麒麟がくる」門脇&堺“架空コンビ”の是非

  8. 8

    ヤクルト山田“残留”の代償…エース流出不可避で来季も苦境

  9. 9

    石川に千賀…好投手が続々出てくるソフトBの若手育成術

  10. 10

    非情の巨人…高卒2年目・直江と山下に「育成」の生き地獄

もっと見る