CS消滅で三木監督の去就白紙 楽天監督「平均任期2年」の害

公開日: 更新日:

 CS進出を逃した楽天が揺れている。

 石井GMが4日、三木監督の去就について、「複数年契約ということもあり、来年も監督をお願いするか、または他のポストを用意するかは、シーズンが終わっていないので、これから検討していく段階」とコメント。来季続投が“白紙”になっていることを示唆した。

 今季の楽天は54勝57敗7分けの4位。チーム打率・258、547得点はリーグトップながら、チーム防御率4・20はリーグ5位と、投手力不足に悩んだ。71勝68敗4分けで3位だった昨季はチームをCSに導いた平石監督を電撃解任。そんな経緯もあって、三木監督の去就問題が浮上しているわけだが、仮に三木監督が交代することになれば、2年連続で監督が就任1年目に退任することになる。

 楽天は2005年の球団創設以来、16年間で8人の監督が就任。野村克也星野仙一両監督は4年間務めたが、田尾安志、ブラウン、大久保博元、平石洋介の4監督は1年でクビに。16年に就任した梨田昌孝監督は就任3年目の18年に途中休養しており、平均在任期間は2年しかない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は思考停止か…巨人崖っぷち3連敗招いた不可解采配

  2. 2

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  3. 3

    稀勢の里は「激励」止まりも…白鵬と鶴竜が「注意」の理由

  4. 4

    巨人痛感ソフトとの差…“ヤケっぱち”補強で虎ボーアに照準

  5. 5

    “桜疑惑”突然の捜査…安倍応援団「菅首相裏切り」への疑心

  6. 6

    原監督が「巨人不利」でも日本S全戦DHを受け入れた胸算用

  7. 7

    小池都知事のご乱心 焦りが透けた支離滅裂のイライラ会見

  8. 8

    大阪府コロナ死の8割超は重症者にあらず 衝撃の調査結果!

  9. 9

    巨人ぶざまな日本S敗退でコーチ粛清…元木&宮本“詰め腹”も

  10. 10

    桑子真帆フリー転身は「嘘八百」紅白と“生涯年収”が裏付け

もっと見る