楽天平石監督の退任騒動とヤクルト小川監督辞任の“点と線”

公開日: 更新日:

 1年契約である平石洋介監督(39)の去就問題が浮上している楽天。チームは19日のロッテ戦に2―0で勝利し、3位に浮上。ロッテとのCS争いは熾烈を極めている。

 そんな状況を踏まえてこの日、報道陣に取材対応した石井一久GM(46)は、来季監督人事については白紙を強調。今季終了までには方向性を決めるとした。昨年の平石監督への正式な就任要請はシーズン終了間際の10月5日だった。今季の最終戦は現時点では9月26日。昨年に倣うと、来週中にも続投か交代かハッキリするだろう。

 球団周辺では「平石監督続投説」「監督交代説」が交錯しているのが現状だ。楽天OBが言う。

「石井GMは現役時代、ヤクルトの野村克也元監督の薫陶を受けている。データや戦略に基づいた緻密で大人の野球を目指す中、GM就任2年目を迎えるにあたり、1990年代に黄金時代を築いたヤクルトOBを一軍監督に迎えるプランも温めていると聞いています」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    金丸信吾氏「拉致問題解決は国交正常化こそが一番の近道」

  2. 2

    坂本の腰痛不安で続く遊撃探し 巨人“外れドラ1”候補の名前

  3. 3

    大一番でスタメンの福岡堅樹にスコットランドは面食らった

  4. 4

    ドラフト一番人気 星稜・奥川を狙う阪神の“嫌われ方”

  5. 5

    寝耳に水の「1位奥川」報道…G原監督“独善”でスカウト諦観

  6. 6

    大場久美子さん 家で「365日3食」利用できる子ども食堂を

  7. 7

    12球団OKと明言した大船渡・佐々木朗希の「意中の球団」

  8. 8

    「好きな女子アナ」調査 ベストテンからフジが消えたワケ

  9. 9

    巨人もベタ降り? 大船渡・佐々木に日本ハム単独指名の目

  10. 10

    嘘まみれの日米貿易協定 ボロボロ出てくる隠蔽と虚偽説明

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る