山田隆道
著者のコラム一覧
山田隆道作家

1976年、大阪生まれ。早大卒。「虎がにじんだ夕暮れ」などの小説を執筆する他、プロ野球ファンが高じて「粘着!プロ野球むしかえしニュース」などの野球関連本も多数上梓。各種スポーツ番組のコメンテーターとしても活躍中。

阪神能見が今季限りで退団…「高校三羽ガラス」の逆転現象

公開日: 更新日:

 松坂世代の1学年上、1979年度生まれの野球人にとって、高校時代に名を馳せた投手といえば平安高校の川口知哉、水戸商業高校の井川慶、鳥取城北高校の能見篤史だ。当時、彼らは高校生左腕三羽ガラスと称され、97年のドラフト会議でおおいに注目されていた。

 その中でもっとも騒がれていたのは、4球団競合の末にオリックスからドラフト1位指名された川口だ。その年の夏の甲子園で平安高校を準優勝に導いた左腕エース。実績と知名度は3人の中で群を抜いており、その自信満々なビッグマウスぶりも話題となった。

 しかしプロ入り後の川口は故障や制球難に苦しみ、結局は一軍で1勝も挙げられないまま、2004年限りで引退した。

 次に、3人の中でもっとも早くプロで大成したのは97年に阪神から2位指名された井川だ。水戸商業高校時代は甲子園出場経験がなかったため、川口より知名度で劣っていたが、プロでは2年目に一軍初登板を果たすと、4年目には先発ローテに定着し、9勝13敗、防御率2・67を記録。その勢いのまま翌年以降は5年連続2桁勝利、03年には20勝を挙げて最多勝や沢村賞をはじめとする数々の投手タイトルを獲得するなど、00年代のプロ野球を代表する投手のひとりとして活躍した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    これが大手企業の平均給与ランキングだ!業界別に大調査

  2. 2

    吉沢亮「青天を衝け」の不安要素…「鎌倉殿」でトバッチリ

  3. 3

    ネットで酷評…「麒麟がくる」門脇&堺“架空コンビ”の是非

  4. 4

    再燃した「サクラ疑惑」は権力者同士の泥仕合なのか

  5. 5

    コロワイド会長も30億円騙された 「M資金」詐欺とは何か?

  6. 6

    中居正広にプロデューサーの才 児童書バカ売れで実力証明

  7. 7

    黒木瞳“監督”に映画界から三下り半「十二単衣…」が大コケ

  8. 8

    二階氏の「春謳歌」続く 強靭化5年延長も菅首相が満額回答

  9. 9

    ステージ4突入間近 感染爆発招いた大阪維新「3つの大罪」

  10. 10

    巨人・原監督が気の毒になってきた…と思ったが気のせいか

もっと見る