権藤博
著者のコラム一覧
権藤博野球評論家

1938年12月2日、佐賀県鳥栖市生まれ。鳥栖高からブリヂストンタイヤを経て61年に中日入り。1年目に35勝19敗、防御率1.70という驚異的な成績を挙げ、最多勝や沢村賞などタイトルを総ナメに。連投に連投を重ねる姿に「権藤、権藤、雨、権藤」の流行語が生まれた。68年に現役引退後は各球団の投手コーチを歴任。横浜で初の監督に就任した98年にはいきなりペナントを制し、38年ぶりの日本一に導いた。

球界の「低め信仰」はウソ 藤川のピッチングはそれを証明した

公開日: 更新日:

 阪神藤川球児(40)が引退した。「火の玉」と形容された全盛期のストレートには惚れ惚れとさせられたものだが、それだけで日米通算245セーブを挙げられたわけではない。速く、伸びるあの真っすぐの使い方が抜群にうまかった。

 プロ野球の解説者はいまだに、「ボールが高いですね。危ないですよ」「低めに制球ができていない。要注意ですね」などと言っているが、藤川の投球はまったく逆だった。真っすぐは打者のベルトより上に投げ込むのがほとんど。だから、もうひとつの武器である低めのフォークボールがより効果的だった。

 メジャーリーグを見ていても、球速140キロそこそこの投手にすら、捕手が高めに構えていることが少なくない。メジャーはフライボール革命の影響で、打者のスイングがより顕著にアッパー軌道になってきた。バットをすくい上げるように振る打者にとって、低めより高めが打ちにくいのは道理。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    これが大手企業の平均給与ランキングだ!業界別に大調査

  2. 2

    吉沢亮「青天を衝け」の不安要素…「鎌倉殿」でトバッチリ

  3. 3

    コロワイド会長も30億円騙された 「M資金」詐欺とは何か?

  4. 4

    ネットで酷評…「麒麟がくる」門脇&堺“架空コンビ”の是非

  5. 5

    再燃した「サクラ疑惑」は権力者同士の泥仕合なのか

  6. 6

    中居正広にプロデューサーの才 児童書バカ売れで実力証明

  7. 7

    二階氏の「春謳歌」続く 強靭化5年延長も菅首相が満額回答

  8. 8

    ステージ4突入間近 感染爆発招いた大阪維新「3つの大罪」

  9. 9

    黒木瞳“監督”に映画界から三下り半「十二単衣…」が大コケ

  10. 10

    巨人・原監督が気の毒になってきた…と思ったが気のせいか

もっと見る