ID野球の波にのまれ…プロ球界で策士と異能の人が消える日

公開日: 更新日:

 プロ野球ドラフト会議で指名された選手と各球団の交渉が進んでいる。

 過去には指名されながらも入団を拒否する選手がいた。今季限りで阪神から自由契約になった福留孝介選手もそうだ。

 1995年のドラフト会議。福留(PL学園)は史上最多の7球団が1位指名し、近鉄(現オリックス・ブルーウエーブ)が指名権を獲得した。しかし、福留は「中日巨人以外は社会人野球の日本生命に行く」と入団を拒否。3度目の交渉の場で、近鉄は「入団後3年後にトレードに応じる」との条件で説得した。

 野球協約142条によると、移籍を条件にした新人選手の入団交渉は禁じられている。筑間社長が交渉の中身を明かしたため、報道陣から協約違反を指摘する声が上がり、大きく報じられた。その後、プロ野球コミッショナー事務局が調査に乗り出し、近鉄は交渉を断念。謝罪に追い込まれた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ネットで酷評…「麒麟がくる」門脇&堺“架空コンビ”の是非

  2. 2

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  3. 3

    巨人菅野の米移籍先はココで!メジャー通2人が勧める4球団

  4. 4

    松坂大輔と斎藤佑樹が一軍登板ゼロでもクビにならない事情

  5. 5

    川口春奈「麒麟」低迷の救世主だが…NHK落胆する多忙ぶり

  6. 6

    他球団は困惑…前ソフトB内村「ヤクルト入り報道」の波紋

  7. 7

    鈴木京香&長谷川博己「年明け結婚」説を裏づける2つの理由

  8. 8

    巨人痛感ソフトとの差…“ヤケっぱち”補強で虎ボーアに照準

  9. 9

    ヤクルト山田“残留”の代償…エース流出不可避で来季も苦境

  10. 10

    小池知事「コロナ重症者数」過少申告の姑息 196人を39人と

もっと見る