マー君去就に影響 メッツ強打の二塁手ドーピング違反の余波

公開日: 更新日:

 新オーナーが就任したばかりのメッツに不祥事である。強打の二塁手ロビンソン・カノ(38)が日本時間19日、ドーピング違反で大リーグ機構(MLB)から162試合の出場停止処分を科された。

 球団発表によれば、カノはMLBによる抜き打ち検査で、禁止薬物の一種である筋肉増強剤「スタノゾロール」の使用が発覚。同選手は2018年にも禁止薬物を使用し、80試合の出場停止処分を受けており、2度目の今回は厳罰が科された。

 メジャー16年目のベテランは2624安打(現役3位)、334本塁打(同6位)をマークしている長距離砲。今季は主に5番を打ち、打率・316、10本塁打、30打点と結果を残した。

 強打者が不在となり、メッツは代役の獲得に動くのは必至。今オフ、新オーナーになったスティーブ・コーヘン氏は2016年以来のポストシーズン進出を目指し、豊富な資金力を武器に、今季の首位打者ルメイヒュー二塁手(ヤンキースからFA)の獲得に動く可能性もある。

 メッツは同じヤンキースの田中将大に関心を示していたが、野手の補強を優先すれば、日本人右腕の動向にも影響しそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マッチ“火遊び”の代償 25歳下との不倫に中森明菜も呆れ顔

  2. 2

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  3. 3

    元恋人マッチは不倫…ファンも案じる中森明菜の“現在地”

  4. 4

    巨人痛感ソフトとの差…“ヤケっぱち”補強で虎ボーアに照準

  5. 5

    巨人菅野の米移籍先はココで!メジャー通2人が勧める4球団

  6. 6

    近藤真彦は「裸の王様」不倫で絶たれた“還暦アイドル”の道

  7. 7

    ネットで酷評…「麒麟がくる」門脇&堺“架空コンビ”の是非

  8. 8

    ヤクルト山田“残留”の代償…エース流出不可避で来季も苦境

  9. 9

    鈴木京香&長谷川博己「年明け結婚」説を裏づける2つの理由

  10. 10

    石川に千賀…好投手が続々出てくるソフトBの若手育成術

もっと見る