12.22開幕NBAは五輪前に終了も…ドリームCの参加は玉虫色

公開日: 更新日:

 米プロバスケットボールNBAは17日(日本時間18日)、2020~21年シーズンの日程を発表。従来の82試合から72試合に短縮して行われる来季は12月22日(同23日)に開幕し、王者を決めるファイナルは最長で来年7月22日(同23日)まで行われる。7月23日開幕の東京五輪との日程重複を避けたスケジュールが組まれた。

 NBAと選手会は今月上旬、来季の日程に関して合意。IOC(国際オリンピック委員会)のトーマス・バッハ会長は「これで世界最高の選手が五輪でプレーできる。選手も各国・地域の国内オリンピック委員会(NOC)も望んでいたこと。素晴らしい知らせだ」と好意的に話していたが、実際には厳しい。

 東西のカンファレンス決勝、ファイナルまで勝ち進んだチームの選手は、同25日からの男子バスケ予選ラウンドからの出場は日程がタイトになるからだ。今季、ファイナルMVPに選ばれたレイカーズのレブロン・ジェームズらスター選手の多くが、コンディショニングを優先して五輪出場には難色を示しているという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    これが大手企業の平均給与ランキングだ!業界別に大調査

  2. 2

    吉沢亮「青天を衝け」の不安要素…「鎌倉殿」でトバッチリ

  3. 3

    ネットで酷評…「麒麟がくる」門脇&堺“架空コンビ”の是非

  4. 4

    再燃した「サクラ疑惑」は権力者同士の泥仕合なのか

  5. 5

    コロワイド会長も30億円騙された 「M資金」詐欺とは何か?

  6. 6

    中居正広にプロデューサーの才 児童書バカ売れで実力証明

  7. 7

    二階氏の「春謳歌」続く 強靭化5年延長も菅首相が満額回答

  8. 8

    黒木瞳“監督”に映画界から三下り半「十二単衣…」が大コケ

  9. 9

    ステージ4突入間近 感染爆発招いた大阪維新「3つの大罪」

  10. 10

    巨人・原監督が気の毒になってきた…と思ったが気のせいか

もっと見る