NBA来季は有観客で開幕戦実施 選手会との間で時期に合意

公開日: 更新日:

 米プロバスケットボールNBAが、来季(2020―2021)は有観客で開幕戦を実施するという。

 複数の米メディアが、5日(日本時間6日)に報じたところによれば、来季は各チームの本拠地でレギュラーシーズンを行い、各アリーナの収容人員25~50%の範囲内での集客が認められる。

 今季のNBAは、新型コロナウイルス感染拡大で日程を大幅に変更。通常6月に閉幕するファイナルは10月にまでずれ込んだ。来季の日程を巡っては、NBAと選手会の間で、恒例のクリスマスゲームの実施を見据えて12月22日開幕で合意に達しているという。

 ワシントン・ウィザーズの八村塁(22)は、限定的ながら、地元ファンの前でNBA2年目を迎えることになる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は思考停止か…巨人崖っぷち3連敗招いた不可解采配

  2. 2

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  3. 3

    稀勢の里は「激励」止まりも…白鵬と鶴竜が「注意」の理由

  4. 4

    巨人痛感ソフトとの差…“ヤケっぱち”補強で虎ボーアに照準

  5. 5

    “桜疑惑”突然の捜査…安倍応援団「菅首相裏切り」への疑心

  6. 6

    原監督が「巨人不利」でも日本S全戦DHを受け入れた胸算用

  7. 7

    小池都知事のご乱心 焦りが透けた支離滅裂のイライラ会見

  8. 8

    大阪府コロナ死の8割超は重症者にあらず 衝撃の調査結果!

  9. 9

    巨人ぶざまな日本S敗退でコーチ粛清…元木&宮本“詰め腹”も

  10. 10

    桑子真帆フリー転身は「嘘八百」紅白と“生涯年収”が裏付け

もっと見る