ソフトはヤクルト山田残留に歯噛み…周東に“追い風”の理由

公開日: 更新日:

 ソフトバンク巨人に勝てばシリーズ4連覇となる。ゆくゆくは巨人が達成したV9超えも狙っているという。

 そんなソフトバンクが歯噛みしているのが、ヤクルト山田哲人(28)の残留だろう。日本シリーズの行方を待たず、19日に残留が決定。7年総額40億円の超大型契約といわれるが、資金力のあるソフトバンクならそれ以上の金額も出せたはず。「せめてFA宣言してくれたら……」というのが、球団の本音だろう。

 一方、チーム内には「これでよかった」という声もある。球団OBは「山田不要論もあった」と、こう続ける。

「仮に山田を獲得すれば、盗塁王の周東佑京(24)を潰しかねない、というのです。周東は今季、主に二塁と遊撃を守り、打率も昨季の・196から・270と大幅に成長した。もし、二塁手の山田が加入し、遊撃のレギュラーである今宮がケガから復帰したら、守る場所がなくなる。周東が成長したのは、一軍の試合に出続け、場数を踏んだことも大きい。今季は103試合で346打席。来季はいよいよ真価が問われる年になるというのに、再びベンチ要員に逆戻りでは、成長の芽を摘みかねない。もし、周東が今季も昨季のような代走要員のままだったら、山田獲得は満場一致だったんでしょうけどね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍前首相「桜」捜査 カギ握る“闇任務”秘書と河井前法相

  2. 2

    男男男男男男男男男男男男男男の大家族についに女児誕生!

  3. 3

    タッキー副社長の評価急上昇 リストラに新事業に獅子奮迅

  4. 4

    みのもんた“後妻業の女”に手切れ金1.5億円 終活との関係は

  5. 5

    検察が安倍前首相の“悪事”を暴かなければ国民は許さない

  6. 6

    巨人ぶざまな日本S敗退でコーチ粛清…元木&宮本“詰め腹”も

  7. 7

    マッチ引退窮地…事務所の後ろ盾・人望・居場所すべてナシ

  8. 8

    菅首相のGoTo“鉄板答弁”破綻「4000万人中、感染者180人」

  9. 9

    ハンバーガーを求めて大行列! 最大「14時間待ち」の仰天

  10. 10

    小池都知事のご乱心 焦りが透けた支離滅裂のイライラ会見

もっと見る