原監督が「巨人不利」でも日本S全戦DHを受け入れた胸算用

公開日: 更新日:

 21日に開幕する巨人ソフトバンクによる日本シリーズの全試合で、指名打者(DH)制が導入されることになった。

 が、その舞台裏では議論が紛糾したという。

 かねてDH制をとるパのソフトバンクが提案し、19日の臨時実行委員会で決定したのだが、球界OBがこう明かす。

■セ5球団から反対意見

「DH制導入がNPBに提案されたのは、開幕3日前。唐突な感は否めません。ルールを根底から変えるDH制は本来、実行委員会における他の議題と同様、12球団の4分の3以上の賛成が必要。巨人はかねて、原監督がセのDH制導入を提唱しており、ソフトバンクからの提案は渡りに船だったわけですが、席上、DH制を採用していないセの5球団から反対意見が出たというのです。斉藤コミッショナーが導入に賛成だったこともあり、結果としてセの5球団はその意向に従う形になりました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ネットで酷評…「麒麟がくる」門脇&堺“架空コンビ”の是非

  2. 2

    川口春奈「麒麟」低迷の救世主だが…NHK落胆する多忙ぶり

  3. 3

    鈴木京香&長谷川博己「年明け結婚」説を裏づける2つの理由

  4. 4

    松坂大輔と斎藤佑樹が一軍登板ゼロでもクビにならない事情

  5. 5

    巨人菅野の米移籍先はココで!メジャー通2人が勧める4球団

  6. 6

    他球団は困惑…前ソフトB内村「ヤクルト入り報道」の波紋

  7. 7

    小池知事「コロナ重症者数」過少申告の姑息 196人を39人と

  8. 8

    佐高信氏「中小企業が生き延びる道は“大”にならないこと」

  9. 9

    伊藤健太郎に映画「ブレスあの波の向こうへ」を処方したい

  10. 10

    セ首位打者DeNA佐野恵太“驚異のウンチク” ラミ監督も評価

もっと見る