ヤクルト山田“残留”の代償…エース流出不可避で来季も苦境

公開日: 更新日:

 今オフのFAの最大の目玉だったヤクルト山田哲人(28)がチーム残留を決めた。19日に発表した球団はホッと一安心だが、「これでエースの流出は決定的だ」とヤクルトOBは複雑だ。

■7年40億円の超大型契約

「複数回の下交渉の末、ヤクルトが山田に提示した条件は『7年総額40億円プラス出来高』といわれている。7年契約は日本球界最長タイ、40億円はもちろん球団史上最高額。ヤクルトとしては最大限の誠意を表した。宣言すれば、巨人ソフトバンクからもっと上の条件を引き出せたのは間違いない。本人のチーム愛が勝ったということでしょう。めでたい話ではあるが、ヤクルトはこのオフ、山田のほかにエースの小川(泰弘=30)、守護神の石山(泰稚=32)も国内FA権を取得している。石山の残留は決まったが、もともと資金に限りがあり、しかも、コロナ禍で大減収必至のヤクルトに、そのうえさらに小川を引き留めるだけの余裕はないでしょう。小川はチームを出る出ないは別にしてFA宣言するのは確実のようですから」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍前首相「桜」捜査 カギ握る“闇任務”秘書と河井前法相

  2. 2

    男男男男男男男男男男男男男男の大家族についに女児誕生!

  3. 3

    タッキー副社長の評価急上昇 リストラに新事業に獅子奮迅

  4. 4

    検察が安倍前首相の“悪事”を暴かなければ国民は許さない

  5. 5

    巨人ぶざまな日本S敗退でコーチ粛清…元木&宮本“詰め腹”も

  6. 6

    みのもんた“後妻業の女”に手切れ金1.5億円 終活との関係は

  7. 7

    菅首相のGoTo“鉄板答弁”破綻「4000万人中、感染者180人」

  8. 8

    原監督は思考停止か…巨人崖っぷち3連敗招いた不可解采配

  9. 9

    田村厚労相が論文引用で墓穴 研究見解が180度変わっていた

  10. 10

    小池都知事のご乱心 焦りが透けた支離滅裂のイライラ会見

もっと見る