ロッテ“内川争奪”参戦の皮算用 来季ソフトB打倒の必勝策

公開日: 更新日:

 パのクライマックスシリーズ(CS)は、場外乱闘に発展しつつある。

 14日開幕のパ・リーグのCSは、首位ソフトバンクと2位ロッテが戦うことになった。そのロッテはこのオフ、ソフトバンクを自由契約になった内川聖一(38)の争奪戦に参戦する方針だという。

 内川を巡ってはヤクルト中日が獲得調査を進め、巨人も関心を示しているといわれている。ロッテは今年、元阪神の鳥谷を獲得、「生ける手本」として重宝している。内川も横浜時代と合わせて首位打者を2度獲得。2000安打以上をマークし、ソフトバンクでは6度の日本一に貢献した抜群の実績がある。球界OBが言う。

「内川は球界で最も勝ち方を知る人物。若い選手が多いロッテとしては、来季の優勝を目指すにあたり、その経験を選手に還元してもらいたい。また、ソフトバンクの“内部情報”を手に入れたい意図もあるのでしょう。選手の特徴や監督、コーチ陣のベンチワークに関する情報はもちろん、各球団がひた隠しにするトラックマンなどのデータの活用術など、情報戦略の実情を知る上でも、ライバル球団の選手を獲得することによるメリットは大きいのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ガッキー演じるみくりの妊娠&髪型は? 逃げ恥SP撮影秘話

  2. 2

    マッチ“火遊び”の代償 25歳下との不倫に中森明菜も呆れ顔

  3. 3

    田原俊彦“干され過去”と決別 不倫で失墜したマッチとの差

  4. 4

    マッチ引退窮地…事務所の後ろ盾・人望・居場所すべてナシ

  5. 5

    男男男男男男男男男男男男男男の大家族についに女児誕生!

  6. 6

    相棒の視聴率を抜いた「七人の秘書」懲らしめ系はなぜ人気

  7. 7

    玉木宏「極主夫道」が大健闘 昭和的“ベタ”コントに安心感

  8. 8

    小池氏“3大”ウソ 重症者、豊洲市場、軽症者施設で失策隠蔽

  9. 9

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  10. 10

    高部知子“ニャンニャン写真”流出の顛末 元カレは自殺した

もっと見る