フィギュア昨季女王コストルナヤにロシア“皇帝直伝”の秘策

公開日: 更新日:

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ・ロシア杯(モスクワ)が20日(日本時間21日未明)に開幕。男女のショートプログラム(SP)が行われ、女子では昨季のGPファイナルを制したアリョーナ・コストルナヤ(17)が78・84点で首位に立った。

 エリザベータ・トゥクタミシェワ(23)が74・70点で続き、アレクサンドラ・トルソワ(16)が70・81点で3位に入った。ロシア選手権2連覇中のアンナ・シェルバコワ(16)は病気のために欠場したが、昨季のGPファイナルで表彰台を独占した3人娘のうち、2人が順調なスタートを切った。

「ロシアの3人娘」は、表彰台独占を有力視される2022年北京冬季五輪に向けて、早くも本格的に動き始めている。コストルナヤ、トルソワの2人は今年に入り、幼少から指導を受けてきたエテリ・トゥトベリーゼ氏からコーチを変更。平昌五輪金メダルのザギトワ、同銀メダルのメドべージェワらを育てたロシアの女帝と袂を分かち、新たに「皇帝」の異名を持つエフゲニー・プルシェンコ氏の門を叩いた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    男男男男男男男男男男男男男男の大家族についに女児誕生!

  2. 2

    安倍前首相「桜」捜査 カギ握る“闇任務”秘書と河井前法相

  3. 3

    タッキー副社長の評価急上昇 リストラに新事業に獅子奮迅

  4. 4

    マッチ引退窮地…事務所の後ろ盾・人望・居場所すべてナシ

  5. 5

    みのもんた“後妻業の女”に手切れ金1.5億円 終活との関係は

  6. 6

    検察が安倍前首相の“悪事”を暴かなければ国民は許さない

  7. 7

    傲慢マッチ処分の裏側…“育ての親”メリー氏が苦渋の選択

  8. 8

    巨人ぶざまな日本S敗退でコーチ粛清…元木&宮本“詰め腹”も

  9. 9

    菅首相のGoTo“鉄板答弁”破綻「4000万人中、感染者180人」

  10. 10

    山Pは「稼げない」ジャニーズの“貴公子”電撃退所の舞台裏

もっと見る