紀平“4回転お預け”尻目に ロシア勢を猛追する米国勢の実力

公開日: 更新日:

 フィギュアスケートのGPシリーズ米国杯(ネバダ州ラスベガス)が23日(日本時間24日)に開幕。女子では昨年大会2位のブレイディ・テネル(22)、大会4連覇がかかるネイサン・チェン(21)らが出場する。

 平昌五輪団体銅メダルで、2018年全米選手権女王のテネルは今季、トム・ザカライセック氏にコーチを変更。多くの男女トップスケーターを育てた新コーチの下、スケーティングを見直し、ジャンプの精度向上に努めている。ザカライセック氏は自身のSNSで、秘策として4回転に取り組んでいると明かした。

 女子フィギュアでは、昨季のGPファイナルでアンナ・シェルバコワ(16)、アレクサンドラ・トルソワ(16)のロシア勢2人が4回転ジャンプに成功。現時点でロシア勢の専売特許といわれる4回転だが、今季は紀平梨花(18)も構成に組み込んでいた。練習では何度も着氷に成功しながら、出場を予定していた11月のフランス杯が中止。今季は各国のスケーターとも、母国や練習拠点を置く近隣国の大会に限定されるため、紀平の国際大会での大技挑戦は来季までお預けとなる。

 米国にはテネルの他にも、昨季のジュニアGPファイナル2位のアリッサ・リウ(15)ら、4回転を武器にする実力者が揃う。

 紀平はロシア勢の対抗馬と目されていたが、米国勢の滑り次第では女子フィギュアの勢力図は塗り替えられそうだ。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    プーチン大統領哀れ四面楚歌…北欧2カ国NATO加盟に余裕の笑みも軍事同盟国が“仲間割れ”

    プーチン大統領哀れ四面楚歌…北欧2カ国NATO加盟に余裕の笑みも軍事同盟国が“仲間割れ”

  2. 2
    日本ハム野村佑希が顔面死球で流血退場してもアッサリ 新庄監督の怖いくらいの“シビアな目”

    日本ハム野村佑希が顔面死球で流血退場してもアッサリ 新庄監督の怖いくらいの“シビアな目”

  3. 3
    ロシア国内で「万引き急増」のナゼ…ウクライナ侵攻後に多発、買い物カゴごと盗む大胆さ

    ロシア国内で「万引き急増」のナゼ…ウクライナ侵攻後に多発、買い物カゴごと盗む大胆さ

  4. 4
    和田アキ子が出産した石原さとみから「電話ない」と発言…関係者が憂慮する“2人の溝”

    和田アキ子が出産した石原さとみから「電話ない」と発言…関係者が憂慮する“2人の溝”

  5. 5
    NHK朝ドラ「ちむどんどん」正念場…識者も「おとぎ話すぎる」「絵空事に見える」と超辛口

    NHK朝ドラ「ちむどんどん」正念場…識者も「おとぎ話すぎる」「絵空事に見える」と超辛口

もっと見る

  1. 6
    日本ハム最下位低迷&観客動員数ワーストでもBIGBOSS効果は絶大!育成と勝利の両立が形に

    日本ハム最下位低迷&観客動員数ワーストでもBIGBOSS効果は絶大!育成と勝利の両立が形に

  2. 7
    ロシア軍が地上戦力3分の1損失の深刻…プーチン大統領が“禁じ手”少年兵15万人動員か

    ロシア軍が地上戦力3分の1損失の深刻…プーチン大統領が“禁じ手”少年兵15万人動員か

  3. 8
    フジ木曜劇場が攻めに転じた? 土屋太鳳「やんごとなき一族」“いかにも感”で開き直り

    フジ木曜劇場が攻めに転じた? 土屋太鳳「やんごとなき一族」“いかにも感”で開き直り

  4. 9
    広島・遠藤淳志“自業自得”プロ初完封逃す…9回表に打者で遊ゴロ→一塁まで全力疾走

    広島・遠藤淳志“自業自得”プロ初完封逃す…9回表に打者で遊ゴロ→一塁まで全力疾走

  5. 10
    ウクライナ出身女性 射撃の金メダリストが国家警備隊への入隊決意!

    ウクライナ出身女性 射撃の金メダリストが国家警備隊への入隊決意!