2位T金谷拓実はプロ転向1カ月でも実力者 首位以上の注目度

公開日: 更新日:

【ダンロップフェニックス】第2日

 今年はコロナ禍により無観客での開催。海外からの招待選手も呼ばなかった。事情はわかるが、国内においては最も華やかな冠大会だけに、寂しい限りだ。

 異例の大会で注目されるのは通算9アンダーで首位に立った21歳のルーキー石坂友宏ではなく、1打差2位タイにつけた金谷拓実(東北福祉大4年)だろう。先月プロ転向したばかりの新人とはいっても、2018年には「アジア・パシフィック・アマチュア選手権」で優勝し、「マスターズ」と「全英オープン」に出場。多くのプロが夢見る「夢の祭典」でも経験がある。

 昨年は「三井住友VISA太平洋マスターズ」でツアー史上4人目のアマ優勝を果たした実力者。もっか賞金ランク9位(1189万5000円)につけている。

 今年はコロナ禍で試合数は激減。来週の「カシオ・ワールドオープン」も中止になった。今大会の優勝賞金は昨年の半額(2000万円)だが、稼げるときに稼ぐのがプロというものだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は思考停止か…巨人崖っぷち3連敗招いた不可解采配

  2. 2

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  3. 3

    稀勢の里は「激励」止まりも…白鵬と鶴竜が「注意」の理由

  4. 4

    巨人痛感ソフトとの差…“ヤケっぱち”補強で虎ボーアに照準

  5. 5

    “桜疑惑”突然の捜査…安倍応援団「菅首相裏切り」への疑心

  6. 6

    小池都知事のご乱心 焦りが透けた支離滅裂のイライラ会見

  7. 7

    原監督が「巨人不利」でも日本S全戦DHを受け入れた胸算用

  8. 8

    大阪府コロナ死の8割超は重症者にあらず 衝撃の調査結果!

  9. 9

    桑子真帆フリー転身は「嘘八百」紅白と“生涯年収”が裏付け

  10. 10

    巨人ぶざまな日本S敗退でコーチ粛清…元木&宮本“詰め腹”も

もっと見る