春日良一
著者のコラム一覧
春日良一元JOC職員・スポーツコンサルタント

長野県出身。上智大学哲学科卒。1978年に日本体育協会に入る。89年に新生JOCに移り、IOC渉外担当に。90年長野五輪招致委員会に出向、招致活動に関わる。95年にJOCを退職。スポーツコンサルティング会社を設立し、代表に。98年から五輪批評「スポーツ思考」(メルマガ)主筆。

コロナ拡大は「つまずきの石」政府はそれにすら気づかない

公開日: 更新日:
本質的に異なるバッハIOC会長と菅首相の考え(C)共同通信社

「つまずきの石」は1993年にドイツ在住の彫刻家グンター・デムニッヒ氏が始めたプロジェクトである。

 ナチズムの犠牲となった一人一人の死に至る消息を10立方センチのコンクリートに張られた真鍮に端的に刻み、彼らが実際に住んでいた場所に設置する。一つ一つ…

この記事は会員限定です。
日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東山紀之は結婚報告会見で妻・木村佳乃の名を出さなかった

  2. 2

    Koki,世界モデル挑戦へ キムタク残し母・工藤静香と移住か

  3. 3

    二階幹事長と麻生氏に国民の怒り爆発!怨嗟の16万ツイート

  4. 4

    コロナ患者退院後12.3%死亡の衝撃 回復しても3割が再入院

  5. 5

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  6. 6

    NHK桑子真帆アナに“超肉食系”報道…結婚には完全マイナス

  7. 7

    ジュニア「22歳定年制」導入 “ポスト木村拓哉”だったT君は

  8. 8

    松本潤「どうする家康」でNHKが狙う“ALLジャニーズ時代劇”

  9. 9

    ミキ昴生に関ジャニ横山“芸能界クラスター”で4月改編危機

  10. 10

    東京五輪いまだ「強行開催」は森・バッハ両会長と周辺だけ

もっと見る