FAヤクルト小川の移籍は“本塁打”がカギ…投手有利の球場は

公開日: 更新日:

 果たして争奪戦になるのか。

 ヤクルトのエース、小川泰弘(30)が4日にFA宣言。今季は2015年以来の2ケタ勝利(10勝8敗)を挙げた。8月にノーヒットノーランを達成した一方で、防御率は4・61。被安打132、被本塁打20、64失点、自責点61はいずれもリーグワーストだった。

■複数の球団が興味

 ヤクルト残留の可能性があるものの、今オフにFA宣言した先発投手はDeNAの井納を加えて2人だけ。先発不足の複数球団が興味を示しているという。

 FA補強といえば何でも欲しがる巨人はどうか。菅野をポスティングにかけたことで、先発の頭数は必要。もっとも、セの編成担当は「さすがに巨人は……」と、こう続ける。

「小川はホームランを打たれやすい投手。15、16年、そして昨季から2年連続と、4シーズンで最多被本塁打投手になっている。狭い神宮球場を主戦場にしていることもそうだが、東京ドームでも今季は防御率6・75、ホームランも6本打たれている。いくらFA宣言した選手が少ないとはいえ、狭い球場に弱いことが明確な投手を欲しがるかどうか」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

  2. 2

    組織委・武藤事務総長またトンデモ発言!五輪コロナ感染264人を「想定内」と豪語し大炎上

  3. 3

    大阪市の消防士が4軒ハシゴして警察沙汰に…市消防局の言い草と開き直り

  4. 4

    秋篠宮ご夫妻は事態打開に動かず…眞子さまの実の母よりも小室ママにやさしい態度がネックに?

  5. 5

    鈴木亮平「TOKYO MER」高視聴率の秘密は「水戸黄門」&「アルマゲドン」感

  6. 6

    元「ラーメンズ」片桐仁の俳優活動が大ピンチ! 劇場版「99.9 -刑事専門弁護士-」降板か

  7. 7

    田中圭の気になる進退…コロナ禍の誕生日パーティーで大炎上、ファンもドン引き

  8. 8

    カンニング竹山“小山田圭吾批判”の急先鋒も…14年前の“後輩いびり”に違和感の声

  9. 9

    郷ひろみ“前期高齢者”でも超元気の秘訣 歌手デビュー50周年で555曲サブスク解禁

  10. 10

    宮崎美子はビキニ→マクドナルドCMが話題に 枯れないアラ還女優たちの「攻めこそ勝機」

もっと見る