ハム次期監督候補の小笠原HC 低迷チーム内での本当の評価

公開日: 更新日:

 2年連続でリーグ5位に沈んだ日本ハムで著しく評判を落とした首脳陣がいる。今季、ヘッド兼打撃担当として14年ぶりに古巣へ復帰した小笠原道大コーチ(47)だ。

「今年で9年目という栗山長期政権にポッと加わって、遠慮もあったのだろうとは思う。でも、打撃コーチとしては熱心に指導をするけど、監督を支えるナンバー2としての職務を全うしたかといえば、正直……。ミーティングをやっても、ほとんど発言しない。しびれを切らした別のコーチが『ヘッド、何かありますか』と水を向けても、『いや特に』というのがお決まりのパターン。目をつむって腕を組み、じっと押し黙るヘッドの異様な雰囲気に選手が萎縮するようなところもあったようです」(球団OB)

 野手のミーティングで相手投手の攻略を確認する際、なぜかその対策を投手担当のコーチに一任することもあり、さすがに選手も戸惑いを隠せなかったという。

 2016年にリーグ優勝して以降、4年間で5位3度と低迷するチームに地元北海道のファンもソッポを向きつつある。ネット上には、理想論を掲げるだけの栗山英樹監督(59)に対する失望と不満の声があふれ、札幌ドームの1試合平均の観客動員は12球団ワースト2位まで落ち込んだ(19年は8位、18年は7位)。

 ポスト栗山の筆頭候補と目され、来季はヘッドに専念する小笠原コーチに期待するファンの声は少なくないが、チーム内の評価とは温度差があるようだ。来季、10年目のシーズンを迎える栗山監督はもちろん、小笠原ヘッドも正念場だ。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    竹内結子さん急死 ロケ現場で訃報を聞いたキムタクの慟哭

    竹内結子さん急死 ロケ現場で訃報を聞いたキムタクの慟哭

  2. 2
    “ほぼ全裸ポスター”は制度を悪用? 過去にもあった「公序良俗ギリギリ」のきわどいポスター

    “ほぼ全裸ポスター”は制度を悪用? 過去にもあった「公序良俗ギリギリ」のきわどいポスター

  3. 3
    自民議連が目指す郵政民営化改正案の“真の狙い”…郵便料金30年ぶり値上げの先にあるもの

    自民議連が目指す郵政民営化改正案の“真の狙い”…郵便料金30年ぶり値上げの先にあるもの

  4. 4
    粗品に続き鈴木おさむも…“キムタクいじり”が止まらないのは事務所の力が弱まったから?

    粗品に続き鈴木おさむも…“キムタクいじり”が止まらないのは事務所の力が弱まったから?

  5. 5
    「男の器量」は不倫がバレた時にわかる…声優・古谷徹(70)の場合はどうか?

    「男の器量」は不倫がバレた時にわかる…声優・古谷徹(70)の場合はどうか?

  1. 6
    大谷翔平の怒りは収まらず…日テレ&フジ「自宅空撮」で“ドジャース出禁”のその後

    大谷翔平の怒りは収まらず…日テレ&フジ「自宅空撮」で“ドジャース出禁”のその後

  2. 7
    キャリアの分岐点になった移籍の選択…名門パリSG、年俸倍額提示した独クラブのオファーを蹴った

    キャリアの分岐点になった移籍の選択…名門パリSG、年俸倍額提示した独クラブのオファーを蹴った

  3. 8
    松岡茉優が三浦春馬との共演から3年で手に入れた鬼気迫る"暗い演技” 「最高の教師」大健闘

    松岡茉優が三浦春馬との共演から3年で手に入れた鬼気迫る"暗い演技” 「最高の教師」大健闘

  4. 9
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  5. 10
    鈴木京香が4億円を投じた解体寸前の歴史的建造物…あえて私邸として使わないワケ

    鈴木京香が4億円を投じた解体寸前の歴史的建造物…あえて私邸として使わないワケ