澤村の挑戦に追い風か…メジャーはリリーフ重要視の風潮に

公開日: 更新日:

「150キロ台中盤のストレートに、140キロ台中盤のフォークを投げる澤村の潜在能力が高く評価されているのは間違いない。ただ、4月で33歳になる年齢と、ピンチを迎えるとマウンド上で落ち着かなくなる脆弱な精神面を不安視する球団もあると聞いています。精神的に弱くなければ巨人時代から、もっとコンスタントに活躍しているはずだとね。その評価は2年4億~6億円程度ではないか」

 澤村の昨季年俸は1億5400万円だから、それでも日本にいるよりは稼げそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    田口麗斗の電撃トレード惜しむ声…巨人ムードメーカー失う

  2. 2

    総務省・東北新社問題 疑惑の本丸“癒着会議”の仰天議事録

  3. 3

    苛烈な親子喧嘩…勝久氏が久美子氏に叩きつけた“果たし状”

  4. 4

    「重要なのは人柄」社員に説得され重い腰を上げた創業者

  5. 5

    「ききょう企画」を追われた母の反撃…次女に質問状を送付

  6. 6

    93年日本S第7戦 古田の“ギャンブルスタート”はサイン無視

  7. 7

    藤井2冠が高校を自主退学…「中卒」だと人生詰みは本当か

  8. 8

    ワクチン高齢者向け「6月末まで」は眉唾 河野発言根拠なし

  9. 9

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  10. 10

    鳩山元首相を広告塔に…医療ベンチャーの怪しいビジネス

もっと見る