エンゼルス大谷の現在地 調停金額で分かった二刀流の評価

公開日: 更新日:

 二刀流は価値が暴落したのかどうか。

 メジャー3年目のシーズンを終えて年俸調停の権利を取得しながら、球団から低評価を下されたエンゼルス・大谷翔平(26)。米メディアによれば、大谷側の希望額の330万ドル(約3億4200万円)に対して、球団側の提示額は250万ドル(約2億6000万円)。約8000万円の開きがあり、2月に行われる年俸調停の聴聞会に裁定を委ねることになった。

 メジャーでは大谷のように初めて年俸調停権を得た選手でも、それまでの実績を評価されて破格の年俸を手にするケースは少なくない。レッドソックス・ベッツ外野手(現ドジャース)は2018年、年俸調停1年目の選手では当時史上最高額の1050万ドル(約10億9000万円)で合意。昨年はドジャース・ベリンジャーが1150万ドル(約12億円)でサインした。今回のトップはブルワーズの剛腕クローザーであるヘイダー(昨季1勝2敗、13セーブ、防御率3・79)。667万5000ドル(約6億9000万円)で契約した。大谷同様、合意していない選手への球団提示額を見ると、先発投手で最高額はカージナルスのフラーティ(4勝3敗、防御率4・91)の300万ドル(約3億1000万円)、野手ではカブス・ハップ外野手(打率・258、12本塁打、28打点)の325万ドル(約3億4000万円)だった(18日現在)。いずれも大谷より評価されている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまへ一時金1億5千万円「支給するな」は法律的に暴論

  2. 2

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  3. 3

    菅首相が墓穴…長男に就職時「総務省と関わるな」と釘刺し

  4. 4

    秋篠宮家を守る官僚や取り巻きの危機管理はマヒ状態

  5. 5

    身内調査は笑止千万 菅長男“ハレンチ接待”裏側と今後<上>

  6. 6

    山口俊がジャイアンツと契約も 巨人に“7月出戻り”復帰の目

  7. 7

    体調心配な菅首相に異変…“鉄壁のガースーヘア”にも綻びが

  8. 8

    菅長男の総務省接待は「贈収賄の可能性あり」元検事が指摘

  9. 9

    山口組が弱体化する一方で弘道会は強化された警察の“誤算”

  10. 10

    小室圭さん結婚強行で「税金ドロボー」の声に逆転の秘策

もっと見る