東京五輪いまだ「強行開催」は森・バッハ両会長と周辺だけ

公開日: 更新日:

「やるぞ!」と言っているのは、幹部連中だけだ。開催が危ぶまれている東京五輪。24日の朝日新聞の調査で、選手らの間にも微妙な空気が流れていることが分かった。出場内定選手41人中、21人が今夏開催に「不安を感じている」「少し不安を感じる」と回答したという。

 新型コロナウイルスの感染拡大が止まらない現状、慎重意見が出るのは当然だ。ボート競技で4大会連続金メダルを取った英国のマシュー・ピンセント氏はツイッターで、「東京には2024年まで延期できる選択肢を与え、パリは28年、米ロサンゼルスは32年と夏季五輪は開催時期をずらすべき」と今夏の開催に反旗を翻したほどだ。

■契約打ち切りを検討したスポンサーも…

 不安の声は、大会スポンサーからも上がる。


「コロナ禍で業績が低迷し、社内では、昨年末までのスポンサー契約の打ち切りが検討されました。ところが、大会組織委員会の幹部らが継続を強く要望。『スポンサー料はいらないから、スタッフだけ出して』などと要望があり、条件闘争した末、結果的に押し切られました」(スポンサー企業関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    福原愛にも不倫報道!徹子の部屋での異変と台湾の家庭事情

  2. 2

    福田元首相秘書が懸念「国会でモラルハザード起きている」

  3. 3

    ボランティア辞退に意向確認 もはや東京五輪は“真っ黒”だ

  4. 4

    緊急事態宣言「1カ月延長論」浮上 2週間で収束メド立たず

  5. 5

    “里帰り不倫”福原愛はシンママに勝機 モラハラ夫に同情票

  6. 6

    150人が殺到 久美子氏の誕生日「晴れ舞台」で迫られた弁明

  7. 7

    中学受験始まる新4年生「塾でつまずき出す」のが5月の理由

  8. 8

    小川彩佳に“傷口に塩”の仕打ち…夫の愛人が不倫の日々激白

  9. 9

    小池知事“菅攻撃”画策不発でブチ切れ!宣言延長も政争の具

  10. 10

    拘束プレー用の足枷を放置 ある日彼の母親が家に来て…

もっと見る