田中のヤ軍再契約消滅 “病み上がり”2投手獲得で実力見切り

公開日: 更新日:

 田中将大(32=ヤンキースからFA)の再契約は完全に消滅したのではないか。

 ヤンキースが日本時間25日、交換トレードでパイレーツの右腕ジャーメソン・タイロン(29)の獲得を発表したのだ。

 タイロンは2010年ドラフトの全体2位で指名された有望株。18年に先発で14勝したが、19年に2度目のトミー・ジョン手術を受け、昨シーズンは全休。150キロ台の速球とキレのいいスライダーが武器だ。

 サイ・ヤング賞2度のクルーバー(34)に続く先発の補強により、ヤンキースのローテーションはほぼ固まった。このオフは、ぜいたく税を避けるためにチームの総年俸を抑える方針だけに、田中が入る隙間はいよいよなくなったとみていい。

 クルーバーもタイロンも故障明け、いわば“病み上がり”だ。それでもヤンキースは彼らを選んだ。要するに田中の能力、実力が問題視されたのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    福原愛にも不倫報道!徹子の部屋での異変と台湾の家庭事情

  2. 2

    福田元首相秘書が懸念「国会でモラルハザード起きている」

  3. 3

    ボランティア辞退に意向確認 もはや東京五輪は“真っ黒”だ

  4. 4

    “里帰り不倫”福原愛はシンママに勝機 モラハラ夫に同情票

  5. 5

    緊急事態宣言「1カ月延長論」浮上 2週間で収束メド立たず

  6. 6

    中学受験始まる新4年生「塾でつまずき出す」のが5月の理由

  7. 7

    150人が殺到 久美子氏の誕生日「晴れ舞台」で迫られた弁明

  8. 8

    小川彩佳に“傷口に塩”の仕打ち…夫の愛人が不倫の日々激白

  9. 9

    小池知事“菅攻撃”画策不発でブチ切れ!宣言延長も政争の具

  10. 10

    NEWS加藤の吉川英治新人賞は本物 一芸ジャニーズ台頭なぜ

もっと見る