G桑田投手チーフコーチ補佐の初仕事は…“傷心”菅野のケア

公開日: 更新日:

 2月1日のキャンプインに向けて巨人が1月31日、宮崎に入った。ナインと宮崎神宮を参拝した原辰徳監督(62)は「いよいよまたスタートするなと。私もコーチも今現在の心境を今年の最後まで同じで戦うことが大事。ルールの中で暴れる」と腕をまくった。

【写真】この記事の関連写真を見る(21枚)

 注目は新任の桑田真澄投手チーフコーチ補佐(52)だ。宮崎入りはせず、まずは東京ドームでキャンプインするS班を指導することが決定。S班とは、ベテランや外国人選手ら独自調整が認められたスペシャル班のことで、初日からエース菅野智之(31)と絡む可能性が出てきた。

 菅野はこのオフ、ポスティング制度を利用して米大リーグ移籍を目指したものの、残留を決断。桑田コーチは就任時、「まだ伸びしろがある。すごく複雑だと思うし、1年終わったらまた挑戦して欲しい。メジャーのマウンドは素晴らしい。彼にも経験してほしい」と理解を示していた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

  2. 2

    組織委・武藤事務総長またトンデモ発言!五輪コロナ感染264人を「想定内」と豪語し大炎上

  3. 3

    秋篠宮ご夫妻は事態打開に動かず…眞子さまの実の母よりも小室ママにやさしい態度がネックに?

  4. 4

    大阪市の消防士が4軒ハシゴして警察沙汰に…市消防局の言い草と開き直り

  5. 5

    田中圭の気になる進退…コロナ禍の誕生日パーティーで大炎上、ファンもドン引き

  6. 6

    鈴木亮平「TOKYO MER」高視聴率の秘密は「水戸黄門」&「アルマゲドン」感

  7. 7

    宮崎美子はビキニ→マクドナルドCMが話題に 枯れないアラ還女優たちの「攻めこそ勝機」

  8. 8

    白鵬45回目Vで現役続行示唆も品格ゼロ! 相撲協会激怒で親方株「継承不認可」が急浮上

  9. 9

    元「ラーメンズ」片桐仁の俳優活動が大ピンチ! 劇場版「99.9 -刑事専門弁護士-」降板か

  10. 10

    【バド】桃田賢斗に「裸の王様」と指摘する声…予選敗退は“まさか”ではなく必然だったか

もっと見る