秦真司
著者のコラム一覧
秦真司野球解説者

1962年、徳島県生まれ。鳴門高を経て法大4年時に日本代表としてロサンゼルス五輪で金メダルを獲得。84年、ドラフト2位でヤクルト入団。90年に捕手から外野手に転向。92年の西武との日本シリーズ第6戦でサヨナラ本塁打を放つなど強打の野手として活躍した。現役通算16年間で打率.262、97本塁打、341打点。2001年にロッテの二軍打撃コーチ、05、06年に中日の捕手コーチ、08~11年はBCリーグ群馬の監督、12年から巨人の一、二、三軍バッテリーコーチを歴任。17年限りで退団も19年に巨人に復帰し、ファームバッテリー兼打撃コーチ。現在は野球解説者。

ボロボロの菅野は決勝で10失点 甲子園には届かなかった

公開日: 更新日:

 2007年夏の神奈川大会準決勝、「事実上の決勝戦」といわれた横浜戦で、東海大相模のエース菅野智之(現巨人)は168球の完投勝利を収めた。甲子園まであと1勝。しかし、真夏の人工芝上で熱投したことによる疲労度、菅野の将来を考えると、翌日の決勝の先発は難しいと感じた。気温とゲーム展開を読んだ時、先発するより試合の後半にリリーフとして備えさせてもらえないか。私はそう門馬敬治監督に直訴するよう、菅野の父・隆志氏に訴えた。

 そして、迎えた桐光学園との決勝戦。先発はやはり菅野だった。

 嫌な予感は的中した。東海大相模は2年生の4番・大田泰示(現日本ハム)が先制2ランを放ったものの、疲労困憊の菅野は169球を投げ、13安打を浴びて10失点。8―10の逆転負けだった。ショックだった。長男の夢有希が2年生ながらスタメン出場していたのはもちろんあるが、それだけではない。この時は菅野、大田以外にも、田中広輔(現広島)、友永翔太(元中日)、角晃多(元ロッテ育成)ら、全国制覇も夢ではないと期待していた強力なメンバーが揃っていたのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    福原愛にも不倫報道!徹子の部屋での異変と台湾の家庭事情

  2. 2

    脚本に酷評続々「ウチ彼」…唯一救いは岡田健史の存在感

  3. 3

    原巨人トレード放出“次の大物”は?田口麗斗電撃移籍の波紋

  4. 4

    中学受験始まる新4年生「塾でつまずき出す」のが5月の理由

  5. 5

    G戸郷“実室2年目”ジンクス打破の予兆 桑田指導にモノ申す

  6. 6

    小池知事「全国知事会コロナ対策会議」5回連続欠席のナゼ

  7. 7

    日本の民主主義にとって百害あって一利なしの内閣広報官

  8. 8

    150人が殺到 久美子氏の誕生日「晴れ舞台」で迫られた弁明

  9. 9

    壇蜜なぜ支持が?“飲み会絶対に断る女”断言で陰キャが共感

  10. 10

    ビールかけで転倒し尻に瓶刺さり流血…10針縫って二次会へ

もっと見る