秦真司
著者のコラム一覧
秦真司野球解説者

1962年、徳島県生まれ。鳴門高を経て法大4年時に日本代表としてロサンゼルス五輪で金メダルを獲得。84年、ドラフト2位でヤクルト入団。90年に捕手から外野手に転向。92年の西武との日本シリーズ第6戦でサヨナラ本塁打を放つなど強打の野手として活躍した。現役通算16年間で打率.262、97本塁打、341打点。2001年にロッテの二軍打撃コーチ、05、06年に中日の捕手コーチ、08~11年はBCリーグ群馬の監督、12年から巨人の一、二、三軍バッテリーコーチを歴任。17年限りで退団も19年に巨人に復帰し、ファームバッテリー兼打撃コーチ。現在は野球解説者。

一塁転向案が出た大城の足幅を52cmから72cmに広げてみた

公開日: 更新日:

 2018年オフ、私はファームバッテリー兼打撃コーチとして2年ぶりに巨人に復帰した。直後の19年の春季キャンプ前、原監督が「一塁で使う。打者に専念させる」とコンバート案をブチ上げたのは、今や正捕手に定着した大城卓三だった。

【写真】この記事の関連写真を見る(19枚)

「待ってください。(正捕手の)小林(誠司)を脅かす能力があります。できれば、あと1年間は捕手をやらせてください。春のキャンプは私(二軍)に預けてもらえませんか?」

 原監督は小林の対抗馬になる捕手を探していた。大城が25歳から26歳になる頃で、今やらなければ、捕手としては手遅れになる。2年目の岸田行倫はまだ早く、宇佐見真吾(現日本ハム)と田中貴也(現楽天)はレギュラーとしては物足りないところがあった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    出川哲朗とばっちり マリエの告発を“キャラ”で乗り切れる?

  3. 3

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  4. 4

    解決金でも払拭されない?世論が懸念する小室家の嫁姑問題

  5. 5

    加藤浩次に同情薄 自滅のラヴィットより“身内”にビクビク

  6. 6

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  7. 7

    石原さとみ“引退説”一蹴 綾瀬はるか意識しベッドシーン?

  8. 8

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  9. 9

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

  10. 10

    マリエの枕営業告発が広がりに欠けるワケ…どうなる“第2R”

もっと見る