古巣オリ復帰の“地味男”平野佳寿が放つMLB仕込みの存在感

公開日: 更新日:

 役割が違うだけで、こちらもバリバリのメジャーリーガーだ。

 4年ぶりにオリックスに復帰した前マリナーズの平野佳寿(36)。10日に丸刈りの坊主頭で入団会見を行うと、11日にキャンプ合流。12日には早速ブルペンで投げ込み、「ボールの違和感は全然ない」と話した。

 ナインの前では「メジャーに行くときは大谷くんとかぶって、帰ってきたときは田中くんとかぶった地味な男です」と、自虐ネタを披露。3年のブランクを感じさせず古巣に溶け込んだ。

 楽天に復帰した田中は救世主扱い。石井監督も「特別な選手」とし、昨季4位からの反攻に必要不可欠な選手だと期待を寄せている。

 一方の平野は本人が言うように確かに地味かもしれないが、チームにとっては欠かせないピースだ。オリックスは2年連続最下位、6年連続Bクラスと低迷中。昨季の先発防御率はリーグ2位の3点台後半と健闘しながら、リリーフのそれは4点台で同ワースト。平野の加入で弱点を補強できるというわけだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍前政権の反知性主義が「国産ワクチン開発遅れ」の元凶

  2. 2

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  3. 3

    池江&松山を聖火最終走に祭り上げ!世論スルーの機運醸成

  4. 4

    思い出作りの訪米 何もしない首相はいてもいなくても同じ

  5. 5

    吉村知事がTV行脚で自己弁護 コールセンターに抗議殺到!

  6. 6

    マリエは今だから枕営業の実態告発 “海外の目”援軍なるか

  7. 7

    世界が称賛 松山支えたキャディーはゴルフの腕前もピカ一

  8. 8

    都が見回り隊員に大盤振る舞い 日給1万2200円+αは妥当?

  9. 9

    原発汚染水にトリチウム以外の核種…自民原発推進派が指摘

  10. 10

    ワクチン後進国の日本が“変異株リスク”…米外交専門誌が警鐘

もっと見る