西武今井が伸び悩む原因を「菊池雄星との共通点」とOB指摘

公開日: 更新日:

 自分だけのフォームをつくり上げられるか。

 西武今井達也(22)といえば、2016年夏の甲子園優勝投手(作新学院)にして、同年ドラフト1位。しかし、プロ入り後は未成年喫煙などで世間を騒がせ、肝心のピッチングでも伸び悩んでいる。19年は7勝9敗、防御率4・32。そこそこの結果を残したものの、好不調の波が激しく、昨季は3勝4敗、防御率6・13。一時期は中継ぎに配置転換された。

 本人も「何かを変えなければ」と思ったのだろう。昨年11月、面識のないメジャー右腕のダルビッシュ(パドレス)に連絡し、相談。ダルからは「スムーズに腕が振れて、強いボールを投げられるフォームを探してみたらどうか」とアドバイスされたという。

 西武OBの三井浩二氏は「とにかく今井はフォームを固めるべき」と、こう続ける。

「昨季はダルビッシュ、それ以前は大谷(エンゼルス)、岸(楽天)と毎年のようにさまざまな投手のフォームを真似ていた。しかし、調子が悪くなるとすぐにフォームをいじる。このあたり、菊池雄星(マリナーズ)と似ています。西武時代の菊池も腕の位置をコロコロ変えるなど、試行錯誤の連続。なかなか結果を出せなかった。今井も『これが俺のフォームだ』というものをつくり、極めなければ安定して活躍することは難しい。フォームが固まれば自信もつき、課題の制球力も改善されますから」

 11日のシート打撃では3者連続三振を奪うなど、首脳陣にアピールしたが、他人の真似より、人に真似される投手になれないか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    小室圭さんは奇特な人 皇族の結婚相手探しは想像より大変

  3. 3

    マリエ枕営業騒動にみる「根に持つ女性」の賢いあしらい方

  4. 4

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  5. 5

    出川哲朗は枕営業騒動で一番深手…“救いの手”はあるのか

  6. 6

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

  7. 7

    小室圭さんが母の元婚約者に“解決金” 支払いは誰が?

  8. 8

    小室圭さん400万円で破談寸前に 初動ミスを招いたプライド

  9. 9

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

  10. 10

    小池知事の無策が招くGW明け新規感染3800人の最悪シナリオ

もっと見る