東京五輪の海外観客「4月末に判断」とIOC 開催姿勢崩さず

公開日: 更新日:

 そもそも東京五輪の開催可否はいつ決定するのか。何があっても強行するつもりか。IOC(国際オリンピック委員会)のデュビ五輪統括部長は24日、東京大会の海外からの観客受け入れ判断は「4月の終わりが適切」との見解を示した。同日開かれた理事会後の記者会見でバッハ会長が「4月か5月の初めには決めなければならないだろう」と語ったことを受けての発言。

 デュビ部長は「決定は可能な限り遅く、しかし遅くなり過ぎてはいけない。多くの制約があるので、4月の終わりが適切な時期だろう」と語った。また国内の観客と海外からの観客を分けて「2つのステップで決定を下すかもしれない」と付け加えた。

 一方、理事会では、2032年夏季五輪・パラリンピックの最優先候補地として豪州東部のブリスベンを選定し、本格的な協議に入ることを決めた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  2. 2

    原発汚染水にトリチウム以外の核種…自民原発推進派が指摘

  3. 3

    マリエ覚悟の“枕営業”告発…旧態依然の芸能界に風穴なるか

  4. 4

    巨人が広島エース大瀬良狙い 苦手選手“FA引き抜き”へ照準

  5. 5

    “株式会社TOKIO社長”城島茂の25歳妻インスタにファン騒然

  6. 6

    三田寛子を苛む成駒屋「好色の血」…今度は長男に二股疑惑

  7. 7

    菅首相「大きなうねりではない」頭の中はコロナより外遊

  8. 8

    世界が称賛 松山支えたキャディーはゴルフの腕前もピカ一

  9. 9

    日本人6割が感染 カリフォルニア由来の変異株どこまで危険

  10. 10

    中村吉右衛門 一時心肺停止も千両役者に引退の二文字なし

もっと見る