東京五輪“濃厚接触NG”なのにコンドーム配布?組織委の回答

公開日: 更新日:

「個数については公表していませんが、ロンドン五輪と同等くらいと考えてください」

 オリンピックのたびに選手村で配られるコンドームの数が話題になる。2012年ロンドン大会では15万個、16年リオ大会は45万個と史上最多を連続更新。それでは東京五輪は? と、東京五輪・パラリンピック競技大会組織委員会に問い合わせると、返ってきたのが冒頭の答えだ。

 五輪の開催期間中、選手村に宿泊するアスリートたちが、外部から遮断された空間ということもあり、「夜の大運動会」を繰り広げることも珍しくない。そのため、88年ソウル大会から避妊のため、そしてエイズをはじめとした性感染症の予防のためにコンドームが配布されるようになった。

 しかし、時代はコロナ禍だ。3日に組織委、国際オリンピック委員会から公開された選手向けのルールブックには「握手やハグの禁止」「ソーシャルディスタンスの確保」などが明記されている。ルール上、性行為は規約違反にあたるが、いったいなぜコンドームを配るのか。大会組織委に話を聞いた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  2. 2

    巨人が広島エース大瀬良狙い 苦手選手“FA引き抜き”へ照準

  3. 3

    原発汚染水にトリチウム以外の核種…自民原発推進派が指摘

  4. 4

    小室圭さんは奇特な人 皇族の結婚相手探しは想像より大変

  5. 5

    マリエ覚悟の“枕営業”告発…旧態依然の芸能界に風穴なるか

  6. 6

    “株式会社TOKIO社長”城島茂の25歳妻インスタにファン騒然

  7. 7

    世界が称賛 松山支えたキャディーはゴルフの腕前もピカ一

  8. 8

    三田寛子を苛む成駒屋「好色の血」…今度は長男に二股疑惑

  9. 9

    小室圭さんが国民を見返す日 年収5000万円の米弁護士に

  10. 10

    菅首相「大きなうねりではない」頭の中はコロナより外遊

もっと見る