ソフトB栗原キャンプ初の捕手起用で改めて見えた層の厚さ

公開日: 更新日:

 初体験は「倍疲れた」らしい。

 28日のオリックスとの練習試合でソフトバンクの栗原陵矢(24)が、今キャンプ初めて捕手としてプレー。五回まで4投手を無失点に導き、打っては2打数2安打1打点と獅子奮迅の活躍を見せた。

 7年目の栗原はもともと捕手ながらその打撃を買われ、昨季は外野手や一塁手として118試合に出場。満塁での打率は5割を超え、日本シリーズでは14打数7安打で最高殊勲選手に選ばれた。初戦で菅野から先制2ランを放ち、シリーズ4タテの口火を切ったのは記憶に新しい。キャンプでは一軍と外野以外、三塁の練習に取り組んでいたかと思えば、今回の捕手起用だ。

 現在、外野にはグラシアル(35)、柳田悠岐(32)がいて、今年は上林誠知(25)の調子も上がってきている。中村晃(31)が守る一塁の壁も高い。扇の要には4年連続でゴールデン・グラブ賞の甲斐拓也(28)がいる。

 昨季ブレークした日本シリーズMVPが守る場所を探さなければならないほど、ソフトバンクの選手層は厚いということだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍前政権の反知性主義が「国産ワクチン開発遅れ」の元凶

  2. 2

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  3. 3

    吉村知事がTV行脚で自己弁護 コールセンターに抗議殺到!

  4. 4

    思い出作りの訪米 何もしない首相はいてもいなくても同じ

  5. 5

    池江&松山を聖火最終走に祭り上げ!世論スルーの機運醸成

  6. 6

    今が狙い目!PayPay銀行のキャンペーンで最大4500円ゲット

  7. 7

    世界が称賛 松山支えたキャディーはゴルフの腕前もピカ一

  8. 8

    原発汚染水にトリチウム以外の核種…自民原発推進派が指摘

  9. 9

    都が見回り隊員に大盤振る舞い 日給1万2200円+αは妥当?

  10. 10

    マリエは今だから枕営業の実態告発 “海外の目”援軍なるか

もっと見る