羽川豊
著者のコラム一覧
羽川豊プロゴルファー

1957年栃木県出身。79年日本学生ゴルフ選手権優勝。翌80年にプロテストに合格すると、ルーキーイヤーの81年は日本オープン、日本シリーズに優勝。同年代の湯原信光、倉本昌弘とともに「ニューウェーブ三羽烏」と呼ばれた。82年にはメジャーのマスターズから招待され、初出場で15位。「世界最強レフティー」と絶賛された。現在はシニアツアーでプレー。テレビ解説者としても活躍している。

松山英樹は今年トップ10なしも…壁を乗り越えたら好機あり

公開日: 更新日:

 今週の「ダイキン・オーキッド・レディス」(沖縄、4~7日)から女子ツアーが開幕します。

 新型コロナウイルスは終息していませんが多くの関係者の努力によって試合が行われます。

 さらに1日1000人とはいえ、会場に観客が入ることは選手にとってもありがたい話です。ファンから間近で応援されることで、プレーに張り合いが出てくるからです。

 女子ツアーは2020年と21年が1つのシーズンになり、賞金ランクトップ3は笹生優花(19、2勝)、古江彩佳(20、3勝)、原英莉花(22、2勝)と人気の若手が顔を並べており話題が尽きません。

 新しい風が女子ツアーに吹いており、勢いのある選手は他にもたくさんいて、見どころ豊富です。

 初戦は久しぶりの試合ですから選手は緊張します。オフに一生懸命取り組んできたものが、試合で果たして通用するのか、一抹の不安はあります。練習でうまくできても、試合となれば別です。沖縄特有の風対策も問われます。スムーズに1番ホールのスタートを切りたいと願っても、思うようにはいきません。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ覚悟の“枕営業”告発…旧態依然の芸能界に風穴なるか

  2. 2

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  3. 3

    元ギャングに顔面の入れ墨…「消さずに生きていく」の真意

  4. 4

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  5. 5

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  6. 6

    松山マスターズVの裏側 コーチとギア担当者が新加入し支援

  7. 7

    五輪ありきの重点措置“乱発”の姑息…関西5府県は壊滅状態

  8. 8

    プロに任せるは“カモネギ”状態 買ってはいけない投資商品

  9. 9

    松山英樹Vの“神風”生かせず…「ラヴィット!」に失望の声

  10. 10

    羽鳥慎一高笑い?川島明「ラヴィット」はクセがなさすぎる

もっと見る