羽川豊
著者のコラム一覧
羽川豊プロゴルファー

1957年栃木県出身。79年日本学生ゴルフ選手権優勝。翌80年にプロテストに合格すると、ルーキーイヤーの81年は日本オープン、日本シリーズに優勝。同年代の湯原信光、倉本昌弘とともに「ニューウェーブ三羽烏」と呼ばれた。82年にはメジャーのマスターズから招待され、初出場で15位。「世界最強レフティー」と絶賛された。現在はシニアツアーでプレー。テレビ解説者としても活躍している。

松山はショット力トップもパットが弱い…課題はメンタル

公開日: 更新日:

 パットはスコアをつくるうえで一番重要なウエートを占めます。松山英樹は最下位に終わった「セントリートーナメント・オブ・チャンピオンズ」に続き、「ソニーオープン」でもハワイ特有の目のきついバミューダ芝グリーンにてこずり、通算15アンダー19位に終わりました。

 通算21アンダーまで伸ばして勝ったケビン・ナとの4日間データを比べるとよくわかります。松山のフェアウエーキープ率は69・64%(ランク10位)。ナの55・36%(50位)より精度が高く、ティーショットも平均飛距離320・5ヤードで6位(ナは296・3ヤード、64位)と飛ばしています。

 パーオン率は松山の83・33%(3位)に対してナは76・39%(29位)。ショット力は松山の方がはるかに上です。

■パット貢献度は139位

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    福原愛にも不倫報道!徹子の部屋での異変と台湾の家庭事情

  2. 2

    福田元首相秘書が懸念「国会でモラルハザード起きている」

  3. 3

    ボランティア辞退に意向確認 もはや東京五輪は“真っ黒”だ

  4. 4

    “里帰り不倫”福原愛はシンママに勝機 モラハラ夫に同情票

  5. 5

    中学受験始まる新4年生「塾でつまずき出す」のが5月の理由

  6. 6

    緊急事態宣言「1カ月延長論」浮上 2週間で収束メド立たず

  7. 7

    小池知事“菅攻撃”画策不発でブチ切れ!宣言延長も政争の具

  8. 8

    150人が殺到 久美子氏の誕生日「晴れ舞台」で迫られた弁明

  9. 9

    不倫報道の福原愛 緩さとモテぶりは現役時から評判だった

  10. 10

    NEWS加藤の吉川英治新人賞は本物 一芸ジャニーズ台頭なぜ

もっと見る