原巨人トレード放出“次の大物”は?田口麗斗電撃移籍の波紋

公開日: 更新日:

 巨人田口麗斗投手(25)とヤクルト・広岡大志内野手(23)の電撃トレードが発表され、巨人に他球団から熱視線が注がれている。

 なにせ、昨年は澤村、今年は田口といった侍ジャパン経験者の元主力が次々と放出された。澤村の交換要員だった香月との年俸格差は1億4750万円だった。今回の田口と広岡の差は5400万円。たとえ相手が釣り合わなくても「飼い殺しはしない」という原辰徳“全権”監督(62)の方針により、気前よすぎるトレードがどんどん成立する。もはやレギュラー以外は全員トレード要員といっていいほどだ。

 巨人内の受け止め方はさまざまだ。「次はオレか」と戦々恐々の選手もいれば、出場機会を求めて尻を浮かせる1・5軍クラスの選手もいる。

 そんな中、他球団から圧倒的な支持を受けるのが小林誠司(31)だ。球界随一の強肩を武器に正捕手を務めてきたが、昨季は度重なる故障もあり、わずか10試合の出場にとどまった。さる球界関係者がこう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  2. 2

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  3. 3

    有吉弘行は夏目三久と出会い10年“徹底秘密主義”の仰天逸話

  4. 4

    小室圭さんは奇特な人 皇族の結婚相手探しは想像より大変

  5. 5

    桐谷美玲ら発掘 名物女社長のパワハラ&セクハラ疑惑と手口

  6. 6

    小池知事また圧力か?子飼いの都議が“竹山番組”ドタキャン

  7. 7

    有吉弘行&夏目三久が結婚 5年前の“幻のスクープ”報道とは

  8. 8

    加藤浩次の首筋が寒すぎる…吉本は「ラヴィット!」を支援

  9. 9

    小室圭さん「国民感情にゼロ回答」でご結婚は前進するのか

  10. 10

    東京まん延防止適用 3度目宣言のカウントダウンが始まった

もっと見る