山田隆道
著者のコラム一覧
山田隆道作家

1976年、大阪生まれ。早大卒。「虎がにじんだ夕暮れ」などの小説を執筆する他、プロ野球ファンが高じて「粘着!プロ野球むしかえしニュース」などの野球関連本も多数上梓。各種スポーツ番組のコメンテーターとしても活躍中。

今季は打線好調の一方で…阪神が抱える「先発不足」の不安

公開日: 更新日:

 今季の阪神は評価が高い。多くのプロ野球OBが、セ・リーグ順位予想で阪神を優勝か、もしくは2位に挙げている。

 確かに、オープン戦を見ていると阪神の長年の課題であった攻撃力が大きく向上している。オープン戦のチーム本塁打数は12球団トップ、打率と総得点も一、二を争っている。ご存じルーキーの佐藤輝明が特に目立っているが、その他にも選手会長・近本光司や正捕手・梅野隆太郎、2年目の外国人・サンズが好調で、ベテランの糸井嘉男もよく打っている。

 一方、4番の大山悠輔はあまり目立っていないが、だからといって調子が悪いわけではなさそうだ。むしろ、佐藤が騒がれているおかげで大山は伸び伸び調整できているのではないか。もちろん佐藤には期待してしまうが、とはいえルーキーであることを考えると、やはり今季の阪神打線の中心は大山だと考えるべきだろう。この大山が昨年のように、いや昨年以上に4番として活躍してくれないと、いくら佐藤が打ちまくっても阪神打線の魅力は半減する。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    宮本亞門さん「私が一番心配なのは国民の心が折れること」

  2. 2

    熊田曜子の疑惑に“不倫大好き”大手メディアが沈黙のナゼ

  3. 3

    小室圭さん不信を生んだ「婚約内定」発覚翌日の不可解行動

  4. 4

    台湾に激震!アストラゼネカ製ワクチン接種直後に36人死亡

  5. 5

    巨人あるか今季2度目の“粛清人事”…阪神に惨敗で3位に転落

  6. 6

    眞子さま“10月婚”諦めず…小室さんとの新居購入が困難な訳

  7. 7

    巨人66億円FA組と新助っ人総崩れ…原監督が引導渡される日

  8. 8

    厚労省がワクチン“死亡事例”の詳細を公表しなくなったナゼ

  9. 9

    丸川五輪相“ああ勘違い”空回り 妄言連発に自民からも苦言

  10. 10

    猪瀬直樹氏に直撃 五輪は開催可能と本気で思っていますか

もっと見る