セは巨人が独走か…白熱するかは阪神と中日次第と橋本清氏

公開日: 更新日:

 今年も巨人の独走、という予想が多い。

「戦力的にはそうでしょう。菅野、戸郷、サンチェスの3本柱は計算できるし、ストッパーの中川も盤石。オープン戦で打線に元気がなかったとはいえ(12球団中6位のチーム打率.236)、能力が高く経験豊富な選手が揃っていますから」

 とは、評論家の橋本清氏。となれば、昨季と同様、セ・リーグは早々とペナントレースの灯が消えることになるが、「昨季2位の阪神、3位の中日次第でしょう。どちらも投手力は巨人にひけを取りません。矢野監督、与田監督からは、今年こそは! という覚悟を感じます」と、こう続ける。

「阪神は開幕投手に藤浪を、中日は福谷を指名した。エースの西勇、大野はそれぞれ2カード目の先発に回りました。どちらも調整の遅れが理由とされていますが、違うでしょう。両球団の絶対的エース2人が開幕カードの先発を外れたことで、西も大野も4月末までに6試合ずつある巨人戦のカード初戦に先発することになります。矢野、与田両監督が対巨人に照準を絞っていることの証しでしょう。監督が旗印を鮮明にすれば、選手もその気になるものです。今年はセでもクライマックスシリーズが実施されますが、最後まで2位狙い、3位狙いに走らず、あくまで優勝を目標に打倒巨人の戦いを徹底すれば、白熱したペナントレースが期待できます」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    テレ朝斎藤アナ“お泊まり愛”のお相手 TBS小林廣輝アナって

  2. 2

    「ドラゴン桜」生徒役で一番の成長株は鈴鹿央士と…誰だ?

  3. 3

    ファイザー製&モデルナ製のワクチン効果は1年続くのか?

  4. 4

    五輪に“感染爆発ピーク”直撃…ワクチン神話の崩壊、G7会場周辺「2450%増」の凶報

  5. 5

    民放首位「ドラゴン桜」キンプリ髙橋海人効果で逃げ切りか

  6. 6

    崖っぷち白鵬…進退懸かる7月場所“鬼門”は三役より平幕3人

  7. 7

    石原さとみ「恋ぷに」打ち切りで元カレ山ピーと再共演浮上

  8. 8

    菅首相が目論む「同期のため」解散 10.21任期満了で永年在職表彰の“贈り物”を画策

  9. 9

    嫌韓層を意識?河野ワクチン大臣の交差接種「日本はやらない」発言が信じられない

  10. 10

    「ドラゴン桜」最終回“最強の助っ人”は誰だ!ガッキー、山P…大穴は仲間由紀恵

もっと見る