瀬戸が3種目五輪内定で汚名返上 課せられる日本牽引の大役

公開日: 更新日:

 東京五輪代表選考会を兼ねた競泳の日本選手権(東京アクアティクスセンター)は6日、男子200メートルバタフライ決勝を行い、2016年リオ五輪400メートル個人メドレー銅メダルの瀬戸大也(26)が1分55秒20で2位。日本水連が定めた派遣標準記録(1分56秒25)をクリアし、個人メドレー2種目と合わせ計3種目での代表入りが内定した。

「このタイムで決まったのはラッキーだなと思う。夏に向けて強化して、もっといいタイムでメダルを取りたい」(瀬戸)

 瀬戸は不倫騒動で地に落ちた汚名を東京五輪でそそぐべく、2大会連続の表彰台を目指す。個人での結果にこだわるのは競泳代表陣の浮沈の鍵を握るからでもある。

 瀬戸は不倫が発覚した際には派手な交友関係など私生活の乱れっぷりがメディアを騒がせたが、それまではチームのまとめ役で、代表の中心選手だった。醜聞により主将の座は“剥奪”されたが、競技に取り組む姿勢は真摯だ。意外にも、若手の面倒見も良く、種目が異なる選手であっても男女問わず相談相手になり、親身にアドバイスしていたという。

「幼少の頃からライバルだった萩野(公介)が一時期、低迷してからは、女子の大橋(悠依)とともに代表を引っ張ってきた。今でも瀬戸を慕う若手も多い。さすがに東京五輪で主将に復帰するのは考えにくいが、五輪本番ではチームの精神的な支えになるのではないか」(競泳関係者)

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    竹内結子さん急死 ロケ現場で訃報を聞いたキムタクの慟哭

    竹内結子さん急死 ロケ現場で訃報を聞いたキムタクの慟哭

  2. 2
    “ほぼ全裸ポスター”は制度を悪用? 過去にもあった「公序良俗ギリギリ」のきわどいポスター

    “ほぼ全裸ポスター”は制度を悪用? 過去にもあった「公序良俗ギリギリ」のきわどいポスター

  3. 3
    自民議連が目指す郵政民営化改正案の“真の狙い”…郵便料金30年ぶり値上げの先にあるもの

    自民議連が目指す郵政民営化改正案の“真の狙い”…郵便料金30年ぶり値上げの先にあるもの

  4. 4
    粗品に続き鈴木おさむも…“キムタクいじり”が止まらないのは事務所の力が弱まったから?

    粗品に続き鈴木おさむも…“キムタクいじり”が止まらないのは事務所の力が弱まったから?

  5. 5
    「男の器量」は不倫がバレた時にわかる…声優・古谷徹(70)の場合はどうか?

    「男の器量」は不倫がバレた時にわかる…声優・古谷徹(70)の場合はどうか?

  1. 6
    大谷翔平の怒りは収まらず…日テレ&フジ「自宅空撮」で“ドジャース出禁”のその後

    大谷翔平の怒りは収まらず…日テレ&フジ「自宅空撮」で“ドジャース出禁”のその後

  2. 7
    キャリアの分岐点になった移籍の選択…名門パリSG、年俸倍額提示した独クラブのオファーを蹴った

    キャリアの分岐点になった移籍の選択…名門パリSG、年俸倍額提示した独クラブのオファーを蹴った

  3. 8
    松岡茉優が三浦春馬との共演から3年で手に入れた鬼気迫る"暗い演技” 「最高の教師」大健闘

    松岡茉優が三浦春馬との共演から3年で手に入れた鬼気迫る"暗い演技” 「最高の教師」大健闘

  4. 9
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  5. 10
    鈴木京香が4億円を投じた解体寸前の歴史的建造物…あえて私邸として使わないワケ

    鈴木京香が4億円を投じた解体寸前の歴史的建造物…あえて私邸として使わないワケ