競泳お家芸「個人メドレー」日本を牽引する2人のクイーン

公開日: 更新日:

 競泳女子のエース格2人がワンツーフィニッシュである。

 5日のジャパン・オープン(東京アクアティクスセンター)の女子400メートル個人メドレー決勝で、大橋悠依(25)が4分36秒27で優勝。清水咲子(28)が4分38秒68で続いた。

 この2人は、多くのトップスイマーを育てた平井伯昌コーチに師事。代表合宿では互いに対抗意識をむき出しにして切磋琢磨してきた。距離を泳ぎ込む練習では、相手がプールから上がるまでやめようとせず、平井コーチの方が音を上げることも珍しくない。

 2人の相乗効果はタイムに表れており、清水が2016年に当時の日本記録となる4分34秒66をマークすると、18年には大橋が4分30秒82で塗り替えた。

 4日の男子400メートル個人メドレー決勝では瀬戸大也(26)が4分12秒57で優勝。不倫騒動からの復帰初勝利を挙げたが、4分16秒38で6位に沈んだ萩野公介(26)とともにタイムは平凡だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  2. 2

    GoToトラベル再開で経済効果あり? 適当なことをいうなっ

  3. 3

    出場選手「ワクチン優先接種」実施なら五輪中止のトドメに

  4. 4

    台湾脱線事故で日本の鉄道関係者に衝撃が走ったワケ

  5. 5

    五輪警官宿舎で“48億円ドブ捨て” 第4波備え都民に開放を!

  6. 6

    株式会社TOKIO設立に隠された深い意味 復興を途切らせない

  7. 7

    フミヤ還暦目前で確執決着? チェッカーズ再結成の奇跡も

  8. 8

    小池知事“数字”取れず…竹山が批判の動画も再生回数伸びず

  9. 9

    落合博満さんにこっそり聞いた「守備のポジショニング」

  10. 10

    眞子さまと小室さん描くシナリオ 弁護士合格で年内結婚?

もっと見る