巨人-ヤクルト戦“コロナ離脱”計8人でも試合断行の不思議

公開日: 更新日:

 巨人は4日に丸、中島、若林、ウィーラー4選手の新型コロナウイルス陽性が確定した。ヤクルトも西田とスタッフ2人が陽性判定を受け、青木、内川、川端が濃厚接触者として離脱している。ウィーラーは4日のヤクルト戦に「5番・左翼」で出場予定だったが、試合開始直前にメンバー変更となっていた。

 同じようなケースで、メジャーリーグでは、ナショナルズ―メッツの開幕戦が中止。先月にはJリーグのG大阪の選手4人とスタッフ1人が陽性判定となり、開催当日に公式戦が中止となった。Jリーグは「同一クラブにおいて複数名の陽性者および濃厚接触疑い者が発生したことから、感染拡大防止の観点から、本日の開催を中止します」と説明している。

「近鉄魂とはなんだったのか?」など野球関連の著書が多数あるスポーツライターの元永知宏氏は「ウィーラー選手が直前に陽性判定となったのに試合を決行したのは驚きました」とこう続ける。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍前政権の反知性主義が「国産ワクチン開発遅れ」の元凶

  2. 2

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  3. 3

    池江&松山を聖火最終走に祭り上げ!世論スルーの機運醸成

  4. 4

    思い出作りの訪米 何もしない首相はいてもいなくても同じ

  5. 5

    吉村知事がTV行脚で自己弁護 コールセンターに抗議殺到!

  6. 6

    今が狙い目!PayPay銀行のキャンペーンで最大4500円ゲット

  7. 7

    マリエは今だから枕営業の実態告発 “海外の目”援軍なるか

  8. 8

    世界が称賛 松山支えたキャディーはゴルフの腕前もピカ一

  9. 9

    都が見回り隊員に大盤振る舞い 日給1万2200円+αは妥当?

  10. 10

    原発汚染水にトリチウム以外の核種…自民原発推進派が指摘

もっと見る