阪神D2伊藤が新巨人キラーに!四ないからの成長を恩師語る

公開日: 更新日:

 阪神ドラフト2位左腕・伊藤将司(24=JR東日本)が7日の巨人戦でプロ初勝利を挙げた。

 本拠地・甲子園初登板のマウンドで7回114球を投げて1失点。直球の球速は140キロそこそこだが、6三振を奪った。

「スピードがない、フィールディングができない、走れない、素質もない……あの伊藤が感慨深いね」と横浜高時代の恩師・小倉清一郎元部長がこう証言する。

「同じ左投手でスピードがなかった成瀬(元ロッテなど)を参考にして、球の出どころを隠す投球フォームに改造したところが始まり。できないことが多かったから、歴代のエースの中でも時間をかけて仕込みました」

 名門・横浜でエースを張るには、投球以外の部分も重要になる。当時の伊藤はフィールディングなどのレベルも低かったという。小倉氏が続ける。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  2. 2

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  3. 3

    有吉弘行は夏目三久と出会い10年“徹底秘密主義”の仰天逸話

  4. 4

    小室圭さんは奇特な人 皇族の結婚相手探しは想像より大変

  5. 5

    桐谷美玲ら発掘 名物女社長のパワハラ&セクハラ疑惑と手口

  6. 6

    渡り合える「強さ」で拭い去った夏目三久の「有吉の壁」

  7. 7

    小池知事また圧力か?子飼いの都議が“竹山番組”ドタキャン

  8. 8

    小室圭さん「国民感情にゼロ回答」でご結婚は前進するのか

  9. 9

    東京まん延防止適用 3度目宣言のカウントダウンが始まった

  10. 10

    有吉弘行&夏目三久が結婚 5年前の“幻のスクープ”報道とは

もっと見る