なでしこFW浜田がエース岩渕の相棒候補に 五輪選出なるか

公開日: 更新日:

 サッカー日本女子代表(なでしこジャパン=世界ランク10位)が8日、パラグアイ女子代表(同47位)と仙台でテストマッチを行った。

 なでしこが国際試合を行うのは2020年3月にアメリカで開催され、スペインとイングランドとアメリカに3連敗を喫した「シービリーブス杯」以来である。コロナ禍で国際試合の開催が難しい状況の中、ようやく実現したテストマッチ2試合(11日にパナマ代表戦)で不細工な試合をやっている場合ではないし、選手も生き残りをかけてアピールする必要がある。 それが7―0というスコアにつながった。

 前半6分にDF南萌華(22)の代表初ゴールが決まり、それから2011年女子W杯優勝メンバーのFW岩渕真奈(28)が2ゴール、FW菅沢優衣香(30)、途中出場のFW籾木結花(25)、FW田中美南(26)のゴールラッシュ。オウンゴールを加えて大量7得点のワンサイドゲームだ。

「五輪メンバー18人に対して今回は25選手が招集され、代表歴0試合の選手が6人、ひとケタ台の選手も4人含まれていた。パラグアイとは総合力に大きな差があったとはいえ、なでしこは攻守のバランスも取れていたし、代表常連とそれ以外の選手が連動して相手選手を取り囲み、ボールを奪取する場面も複数回見られ、なでしこのレベルアップを実感しました」(元サッカーダイジェスト編集長の六川亨氏)

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    キムタクは今どうしている? 画面から消えても誰も何も困っていない現実

    キムタクは今どうしている? 画面から消えても誰も何も困っていない現実

  2. 2
    (6)「パンツを脱いできなさい」デビュー当時の志穂美悦子に指示したワケ

    (6)「パンツを脱いできなさい」デビュー当時の志穂美悦子に指示したワケ

  3. 3
    松本人志“性的トラブル報道”へのコメント 優木まおみが称賛され、指原莉乃が叩かれるワケ

    松本人志“性的トラブル報道”へのコメント 優木まおみが称賛され、指原莉乃が叩かれるワケ

  4. 4
    SMAP再始動「99%」に現実味…“旧ジャニ体制打破の象徴”と機運高まるも本格化には高い障壁

    SMAP再始動「99%」に現実味…“旧ジャニ体制打破の象徴”と機運高まるも本格化には高い障壁

  5. 5
    元シブがき隊・本木雅弘はなぜ潰されなかった? 奥山和由氏が明かしたメリー氏の「圧力」

    元シブがき隊・本木雅弘はなぜ潰されなかった? 奥山和由氏が明かしたメリー氏の「圧力」

  1. 6
    伊藤英明と松本人志はSNSで“自爆”…売られた喧嘩を買う「大人げなさ」のリスクと対処法

    伊藤英明と松本人志はSNSで“自爆”…売られた喧嘩を買う「大人げなさ」のリスクと対処法

  2. 7
    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

  3. 8
    完全復活を遂げた吉田羊と"7連泊愛"中島裕翔の明暗…恋路を阻んだ"大物"による8年前の追放劇

    完全復活を遂げた吉田羊と"7連泊愛"中島裕翔の明暗…恋路を阻んだ"大物"による8年前の追放劇

  4. 9
    松本人志の性的トラブルめぐりマリエに同情集まる…3年前の告発と《やり口が一緒》の指摘も

    松本人志の性的トラブルめぐりマリエに同情集まる…3年前の告発と《やり口が一緒》の指摘も

  5. 10
    TBS「サンモニ」絶好調!それでも関口宏を降板させる? 報道ワイド視聴率で首位快走

    TBS「サンモニ」絶好調!それでも関口宏を降板させる? 報道ワイド視聴率で首位快走