ヘタフェ久保建英「移籍金20億円減」…評価急落どこまで?

公開日: 更新日:

 スペイン1部ヘタフェ所属の日本代表MF久保建英(19)の評価ダウンが下げ止まらない。

 日本時間4日のオサスナ戦。いつものようにベンチでキックオフの笛を聞き、0―0で迎えた後半36分にようやく出番が回ってきたものの、ただの一回もボールに触れるチャンスもなく、試合終了のホイッスルを聞くことになった。

 今シーズン後、保有元のレアル・マドリードは久保を連れ戻すのか、ヘタフェとのレンタル移籍を延長するのか、それともヘタフェ以外のチームにレンタル移籍するのか、いずれにしても久保の評価は、日に日にダウンするばかり。ここ2年あまりで「20億円ほど目減りした」とあるサッカー関係者が続ける。

「大手メディアが、レアル・マドリードからレンタル移籍中の8選手を扱って『今シーズン最も価値の下がった選手ランキング』という特集を掲載した。そこで久保は『移籍するたびに価値が下落した選手』として扱われた。2019年6月にレアルに移籍。当時の移籍金は日本円で約35億円だった。2カ月後にマジョルカにレンタル移籍。35試合・4ゴール・4アシストという数字を残し、20年8月に強豪ビジャレアルにレンタル移籍した。しかし先発組から外れて移籍金相場は25億円にダウン。21年1月、ビジャレアルを離れてヘタフェに再レンタル移籍することになったが、移籍金相場は15億円にまでダウンした」

 2年もしないうちに20億円も評価が急落した久保。この先どれだけ下がることやら――。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    愛着薄い? 小池女帝「東京五輪返上」6.1ブチ上げの公算

  2. 2

    小池知事 いよいよ「五輪撤収、責任回避モード」に突入か

  3. 3

    アスリートがワクチンに殺される…副反応で体調不良が続出

  4. 4

    維新梅村議員に文通費流用疑惑 公設秘書は殺人未遂で逮捕

  5. 5

    “ぼったくり男爵”バッハ氏来日で組織委警戒の帰れコール!

  6. 6

    パ混乱の“日ハムクラスター”…球団や栗山監督に不信感増幅

  7. 7

    危機あおる小池都知事 “五輪返上”ブチ上げ国政進出画策か

  8. 8

    川口春奈「着飾る恋」8年前の“汚名返上”に関係者ヒヤヒヤ

  9. 9

    世界が「五輪中止せよ!」の大合唱 菅政権ゴリ押しの異様

  10. 10

    巨人にリリーフ強化のトレード情報 防御率ガタ落ち大慌て

もっと見る