鈴村裕輔
著者のコラム一覧
鈴村裕輔野球文化学会会長・名城大准教授

1976年、東京都出身。法政大学博士(学術)。名城大学外国学部准教授。主な専門は政治史、比較思想。野球史研究家として日米の野球の研究にも従事しており、主著に「MLBが付けた日本人選手の値段」(講談社)がある。スポーツを取り巻く様々な出来事を社会、文化、政治などの多角的な視点から分析している。アメリカ野球学会会員。

レンジャーズが本拠地を満員にした裏に州知事の計算

公開日: 更新日:

 4月5日、レンジャーズにとって2021年最初の本拠地グローブライフフィールドでの公式戦は、全米の注目を集めた。

 対戦相手であるブルージェイズのキャバン・ビジオとブラディミール・ゲレーロ・ジュニアという、いずれも野球殿堂入りした父を持つ2世選手が活躍したからではない。新型コロナウイルス感染症の拡大が始まって以降、レンジャーズが北米のプロスポーツとして初めて観客の入場制限を撤廃し、グローブライフフィールドが満席となったからだ。

 球場の定員4万518人に対して有料入場者数は3万8232人であり、球団が無料で招待した医療従事者は観客に加えられていない。そのため、この日の球場が文字通り満員であったことが分かる。

 球場内の共有部では物理的距離が取られ、物品を購入する際の支払いもキャッシュレスと「コロナ対策」はなされていたとはいえ、客席ではマスクを外す者の数が多く、ビールなどを片手に声援を送る様子は、「コロナ禍」以前の球場に戻ったかのような錯覚を与えるものだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤春菜の地上波激減に友近真っ青…大きすぎた反旗の代償

  2. 2

    巨人投壊の犯人は誰?桑田補佐「投げ込み奨励」が目の敵に

  3. 3

    大阪の“二の舞”か5.4万人入院できず…迫る最悪の医療崩壊

  4. 4

    大谷二刀流が意外な不人気の謎解き 報道とファンは対照的

  5. 5

    オリラジ藤森慎吾 “司会1時間1000万円”オファー断った嗅覚

  6. 6

    夏目三久“女子の本懐”と玉の輿 フリーアナ戦線から一抜け

  7. 7

    「リコカツ」永山瑛太の新機軸 守られたい女子急増の予感

  8. 8

    小池都知事が大誤算…「東京五輪中止」ブチ上げの効果消失

  9. 9

    ポスト夏目三久は誰?引退で熾烈な“椅子取りゲーム”が勃発

  10. 10

    三田寛子が不倫を繰り返す夫・中村芝翫と離婚しない理由

もっと見る