羽川豊
著者のコラム一覧
羽川豊プロゴルファー

1957年栃木県出身。79年日本学生ゴルフ選手権優勝。翌80年にプロテストに合格すると、ルーキーイヤーの81年は日本オープン、日本シリーズに優勝。同年代の湯原信光、倉本昌弘とともに「ニューウェーブ三羽烏」と呼ばれた。82年にはメジャーのマスターズから招待され、初出場で15位。「世界最強レフティー」と絶賛された。現在はシニアツアーでプレー。テレビ解説者としても活躍している。

松山英樹マスターズVはチャンスを待つ我慢と判断力の賜物

公開日: 更新日:

 マスターズ8年連続10度目の松山英樹がついにやりましたね。アジア人初のグリーンジャケット獲得です。もちろん日本ゴルフ界の日本人プロによるメジャー優勝という悲願を達成して、多くの人が感動をもらいました。

 2014年の米ツアー本格参戦から8年目。ゴルフの調子がいい時も、悪い時も練習の虫で、ずっと試合会場に居残って遅くまでボールを打っていました。

 ここ4シーズンはなかなか勝てず、苦しい時期もありました。

 マスターズ最終日は2位に4打差をつけての単独首位発進でしたが、出だし1番パー4はプレッシャーからボギーをたたきます。それでも続く2番パー5でバーディーを奪いバウンスバックに成功。そして距離の短い3番パー4は、グリーン奥からの難しいアプローチを寄せてパーで切り抜けるなど、日頃の練習の積み重ねが生きました。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤春菜の地上波激減に友近真っ青…大きすぎた反旗の代償

  2. 2

    巨人投壊の犯人は誰?桑田補佐「投げ込み奨励」が目の敵に

  3. 3

    大阪の“二の舞”か5.4万人入院できず…迫る最悪の医療崩壊

  4. 4

    大谷二刀流が意外な不人気の謎解き 報道とファンは対照的

  5. 5

    オリラジ藤森慎吾 “司会1時間1000万円”オファー断った嗅覚

  6. 6

    夏目三久“女子の本懐”と玉の輿 フリーアナ戦線から一抜け

  7. 7

    「リコカツ」永山瑛太の新機軸 守られたい女子急増の予感

  8. 8

    小池都知事が大誤算…「東京五輪中止」ブチ上げの効果消失

  9. 9

    ポスト夏目三久は誰?引退で熾烈な“椅子取りゲーム”が勃発

  10. 10

    三田寛子が不倫を繰り返す夫・中村芝翫と離婚しない理由

もっと見る